エンジョイ・ライフ

毎日の生活をもっと楽しく♪知っていれば便利でお得な情報満載です。

季節のイベント

旦那上司年賀状一言は妻が代筆でよい?妻の名前が必要?例文は?

投稿日:2016-10-29 更新日:

%e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b6%e4%b8%80%e8%a8%80%e4%b8%8a%e5%8f%b8旦那の年賀状を妻が代筆する!!ってよく聞きます。
よくできた妻だと思うのですが、
そこに一言書くのも妻がするのはどうなのかしら?
特に旦那様の上司となると妻が書くのも考えしまいますよね。
そんな場合は、妻の名前が必要なの?
どんな一言がよい?例文は?についてお伝えしますね。

スポンサーリンク

旦那上司年賀状一言は妻が代筆で良い?

旦那様の上司の年賀状を妻である奥様が代筆する・・
となると、字を見るとすぐに気づかれてしまう。

ご主人の言葉が妻の字で書かれていると思うと、
ちょっと興ざめしてしまいます。

「あぁ~、本人は書いてこないのね?」と
上司だとしたら、どう思うでしょう?

私だったら、ガッカリです。

それでも、どうしても時間がない時や
限られた場合は、

旦那の上司の年賀状を妻が一言書いても良いかなっと思る時もあります。

それは、妻の名前もある連名で年賀状を出す時で・・・・

例えば、こんな時です。

①結婚式に出席していいただいて、お会いしたことがある。

②出産祝いをいただいたことがある。

など奥様と旦那様の上司に何らかの接点がある時です。

上記場合は、特に写真付きの年賀状で、
奥様ともの連名でもおかしくありません。
アットホームな社風なら、更に喜んでいただけるはず。

①なら結婚式に出席していただいたお礼とともに一言。

②なら出産祝いをいただいたお礼とともに一言。

スポンサーリンク

旦那上司年賀状一言妻が代筆する例文は?

そんな状況を踏まえて、
妻が代筆する例文は?

「昨年は・・・いただき ありがとうございました。
今年もご指導いただきますよろしくお願い致します。」

とシンプルで良いと思います。

家族ぐるみの付き合いのある上司ならば
更に上の分に追加して
「夫ともどもよろしくお願い致します。」
と付け加えても良いと思います。

ですが、前提として奥様の一言だけよりは、
はやりはご主人の一言があったほう良いです。

その事は覚えて置いてくださいね。

まとめ

年賀状自体の作成など奥様がお手伝いすることは一般的かもしれません。
が、やはり添える一言は、
年賀状を出す本人が書くことが一番です。
受け取る方の気持ちになって、喜ばれる年賀状にしましょうね。
参考までに♪
受験生への年賀状コメントはどうする?プレッシャーを与えない一言は?
年賀状52円で出せるのはいつからいつまで?不足分はどうなるの?
年賀状の一言上司に新入社員からの例文は?年賀状の書き方のマナーは?
年賀状やめるタイミングと方法!挨拶って必要?
年賀状一言会ってない友人へは何がよい?子供ネタ?近況報告?
年賀状連名の書き方家族は?御一同様の使い方と子供には様つける?
小学校先生への年賀状の宛名は?メッセージはどうする?

-季節のイベント
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


関連記事

バレンタインばらまき用小分けチョコ!個包装で安いのは?

女性の多い職場です。 旅行のお土産などお菓子が良く回ってきます。 お菓子は、仕事の潤滑油。 女性が多ければ余計そうなんですよねぇ。 というわけで、 バレンタインも気持ちばかりのお菓子をみんなに配ります …

パレスホテル東京外環

パレスホテルアフタヌーンティー土日は予約なしで良いの?混雑状況と時間は?

大好きなパレスホテル東京。 久しぶりの1階パレスラウンジでアフタヌーンティーを楽しみました。 なんてったって、八海山。発酵がテーマ。 和のアフタヌーンティーです。 そんなパレスホテルは土日は予約なしで …

昭和記念公園の紅葉2016の見頃はいつ?紅葉祭りと混雑時期は?

昭和記念公園の紅葉2016の見頃はいつ?紅葉祭りと混雑時期は? スポンサーリンク

七草がゆは朝に食べるもの?七草がゆの作り方と副菜は?

1月7日は七草がゆの日ですね。 七草がゆっていつ食べるの?朝イチ食べるもの? 七草粥の簡単な作り方と副菜は何にすれ良い? スポンサーリンク

勝沼ぶどうの丘のアクセスと天空の湯は?紅葉を楽しもう♪

新宿から1時間半弱、 「かいじ」に乗って勝沼ブドウの丘にいってきました。 スポンサーリンク まだ、紅葉には早いけど、ぶどうの時期の散歩にはぴったりです。 勝沼ぶどう郷駅からの勝沼ぶどうの丘へのアクセス …

プロフィール



始めまして、ほしみです。
ぽっちゃり娘の事や大好きな神社の事をお伝えしています。
毎日の中に小さな楽しみを見つけよう・・そんな40代主婦のブログです。

運営者情報はこちら