エンジョイ・ライフ

毎日の生活をもっと楽しく♪知っていれば便利でお得な情報満載です。

季節のイベント

旦那上司年賀状一言は妻が代筆でよい?妻の名前が必要?例文は?

投稿日:2016-10-29 更新日:

%e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b6%e4%b8%80%e8%a8%80%e4%b8%8a%e5%8f%b8旦那の年賀状を妻が代筆する!!ってよく聞きます。
よくできた妻だと思うのですが、
そこに一言書くのも妻がするのはどうなのかしら?
特に旦那様の上司となると妻が書くのも考えしまいますよね。
そんな場合は、妻の名前が必要なの?
どんな一言がよい?例文は?についてお伝えしますね。

スポンサーリンク

旦那上司年賀状一言は妻が代筆で良い?

旦那様の上司の年賀状を妻である奥様が代筆する・・
となると、字を見るとすぐに気づかれてしまう。

ご主人の言葉が妻の字で書かれていると思うと、
ちょっと興ざめしてしまいます。

「あぁ~、本人は書いてこないのね?」と
上司だとしたら、どう思うでしょう?

私だったら、ガッカリです。

それでも、どうしても時間がない時や
限られた場合は、

旦那の上司の年賀状を妻が一言書いても良いかなっと思る時もあります。

それは、妻の名前もある連名で年賀状を出す時で・・・・

例えば、こんな時です。

①結婚式に出席していいただいて、お会いしたことがある。

②出産祝いをいただいたことがある。

など奥様と旦那様の上司に何らかの接点がある時です。

上記場合は、特に写真付きの年賀状で、
奥様ともの連名でもおかしくありません。
アットホームな社風なら、更に喜んでいただけるはず。

スポンサーリンク

①なら結婚式に出席していただいたお礼とともに一言。

②なら出産祝いをいただいたお礼とともに一言。

旦那上司年賀状一言妻が代筆する例文は?

そんな状況を踏まえて、
妻が代筆する例文は?

「昨年は・・・いただき ありがとうございました。
今年もご指導いただきますよろしくお願い致します。」

とシンプルで良いと思います。

家族ぐるみの付き合いのある上司ならば
更に上の分に追加して
「夫ともどもよろしくお願い致します。」
と付け加えても良いと思います。

ですが、前提として奥様の一言だけよりは、
はやりはご主人の一言があったほう良いです。

その事は覚えて置いてくださいね。

まとめ

年賀状自体の作成など奥様がお手伝いすることは一般的かもしれません。
が、やはり添える一言は、
年賀状を出す本人が書くことが一番です。
受け取る方の気持ちになって、喜ばれる年賀状にしましょうね。
参考までに♪
年賀状52円で出せるのはいつからいつまで?不足分はどうなるの?
年賀状の一言上司に新入社員からの例文は?年賀状の書き方のマナーは?
年賀状やめるタイミングと方法!挨拶って必要?
年賀状一言会ってない友人へは何がよい?子供ネタ?近況報告?
年賀状連名の書き方家族は?御一同様の使い方と子供には様つける?
小学校先生への年賀状の宛名は?メッセージはどうする?

-季節のイベント
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


関連記事

サンタからの手紙がフィンランドから届くには?申込みはいつまで?

小学4年生の娘、まだまだサンタクロースを信じています。 去年は、フィンランドのサンタから手紙が届きましたぁ!! もちろん、手配したのは私。 今年は・・・??と考えていたら、 既に早期申込みが締め切りに …

父の日のプレゼント70代の父が実際に喜んだプレゼントとは?

70代の父に送るプレゼントは、 今までいろんな変遷をたどってきましたぁ~。 スポンサーリンク 意外と母の日のプレゼントより難しく考え抜いたプレゼントになるわけですが・・ 我が家の父の日のプレゼントの変 …

筑波山の紅葉の見頃と見どころは?ライトアップもあり?

パワースポットの筑波山。 男体山・女体山の2峰からなる筑波山は、 日本一標高の低い日本百名山のひとつです。 スポンサーリンク 山頂からは、関東平野を一望でき、 昼間目にも鮮やかな紅葉と夜のライトアップ …

神田祭り2017年の日程と見どころと神幸祭と神輿宮入って?

東京に住んでいるなら、一度は生で神田祭り見ておきなゃ。 なんてったって、日本三大祭のひとつなんだから。 神田祭2017年の日程と見どころは? 神幸祭りと神輿宮入って? スポンサーリンク

大宮氷川神社の節分祭の豆まきの混雑状況と楽しみ方は?

2月3日は節分ですね。 家で節分の豆まきをするのもいいですが、 大宮氷川神社の節分祭の豆まきも一見の価値あり。 一年の福を取り込みましょう!! スポンサーリンク

運営者情報はこちら