エンジョイ・ライフ

毎日の生活をもっと楽しく♪知っていれば便利でお得な情報満載です。

季節のイベント

社会人になったら親にお年玉を渡す?袋の表書きは?金額は?

投稿日:

親お年玉袋お年玉と言ったら、
お正月に子供にあげるもの。
でも、社会人になったなら
お世話になっている両親にもお年玉を渡したいって思いは大切ですよね。
親にお年玉ってみんなどうしてる?
袋の表書きは何になるの?
親にあげるお年玉の相場は?など
お年玉のマナーについてお伝えします。

スポンサーリンク

社会人になったら親にお年玉をあげる?袋の表書きは?

初任給や初ボーナスでプレゼントはあげる人は多いけと、
親にお年玉をあげるってどうなんだろう?

ここまで、育ててもらったんだからお年玉渡してもいいよね。

ダダちょっと待って!!

「お年玉」では世間的には
子供に渡すものというイメージ。

親に渡す場合はお年玉じゃないんですよ。

袋の表書きは

「御慶」
「御年賀」
「新年御挨拶」

と書きましょう。

紅白の蝶結びのご祝儀袋を使いましょう。

くれぐれもポチ袋など使わないようにね。

ちなみに、蝶結びは、
簡単に水引きを結んだりほどいたりすることができるため、
出産祝いや長寿祝いなど、
人生に繰り返し何度もあると嬉しいお祝いごとに使います。

スポンサーリンク

蝶結びのご祝儀袋を使って、
日々の感謝を表すようにするといいですね。

親に渡す金額の相場は?

お金を渡す方は、まちまちのようですが、
ご両親が受け取りやすいように
1~3万円の範囲のようです。

渡す側の懐具合によっても差がでるのかも。

あくまでも、年上の人に渡すので
無理して高額である必要はありません。

日々の感謝の気持ちです。

もらう親も、
「御年賀」などの名称でいただくわけですから
そんなにたくさんもらっても困るでしょう。

受け取りやすい金額で、
しかも、お正月の準備などもしてくれているので・・・
という気持ちが込められれば良いのではないでしようか?

また、現金ではなく御年賀として食べ物など
贈るのも日々の感謝を表すことができますよね。

あなたのご両親が受け取りやすい形を考えるといいかもしれません。

後は気になるのは、渡し始めたら毎年渡さなければいけないのか?
ちなみに、私は父と母に2万円づつ渡しています。
これは、毎年続けています。

一年に一度ですからね、
お正月に渡せるぐらいのお金は必ずキープしていたいと思っています。

でも、どーしてもという時は無理することないと思いますよ。
なんていったって、親なんですかね。

渡せるときに渡す、でもいいのかなぁ~とも思います。

まとめ

なににつけても、年上の方にお金を渡すのは難しいですよねぇ~。
ですが、お正月ですし、
日々の感謝の気持ちをモノ以外であらわすのも良いと思いますよ。
ちなみに、私は父と母に2万円づつ渡してます♪

スポンサーリンク

-季節のイベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バレンタインに甘いものが苦手な職場の同僚と上司に何を贈る?メッセージを添えて。

バレンタインと言えば、職場の潤滑油。 これで仕事が潤滑に進むなら義理チョコも意義がありますね。 でも、甘いもの苦手な職場の上司や同僚に何あげたらいいのかな? メッセージはどんなものを添えたらいいの? …

バレンタイン褒美チョコはリンツショコラカフェで過ごしてみては?

スイスのチョコレートのリンツ。 リンドールをはじめ、私の周りにはリンツのチョコにはまる人続出です。 そんなリンツで自分用にチョコを購入するだけでなく、 リンツのショコラカフェでバレンタイは贅沢な時間を …

2014年吉祥寺駅周辺イルミネーション情報♪見所は?

住みたいまちNO.1の吉祥寺は、 訪れるたびに、驚きや発見があって、1日いてもあきませんね。 スポンサーリンク そんな吉祥寺駅を訪れる人の楽しみの一つがイルミネーション。 誰よりも早く、2O14年吉祥 …

節分の福豆の由来は?豆を炒るの理由知ってる?福豆の作り方と福茶は?

節分には鬼と豆まきがつきもの。 その豆ははどうして福豆っていうの? 節分の豆を炒る理由ってしってますか? 美味しい福豆を自宅で作る方法と 福豆を使った福茶の作り方もお伝えします。 スポンサーリンク

お正月のおせちを食べてもダイエットは出来る?!

クリスマスからお正月、美味しいものがたくさんですね。 季節のイベントを楽しむならば、お料理も我慢したらもったいない。 スポンサーリンク お正月のおせちを食べてもダイエットはあきらめない!! カロリーや …

プロフィール



始めまして、ほしみです。
ぽっちゃり娘の事や大好きな神社の事をお伝えしています。
毎日の中に小さな楽しみを見つけよう・・そんな40代主婦のブログです。