エンジョイ・ライフ

毎日の生活をもっと楽しく♪知っていれば便利でお得な情報満載です。

暮らし

ゴーヤの佃煮苦くないレシピはこれ!!子供向けレシピの決定版?!保存方法は?

投稿日:

今年最後のゴーヤが実家から届きましたぁ~。

今まで、チャンプルやサラダなどいろいろ作りました。
あまりにたくさんくれるので、日干しにもしました。

さて、今年の最後のゴーヤーは
ママ友おススメのゴーヤの佃煮です。

これが、程良い苦味で子どもも食べられる♪
久しぶりのヒットです。

苦味が苦手が娘、
ピーマンのめんつゆ煮でピーマンを克服して、
このゴーヤの佃煮でゴーヤも食べられるようになりました。

ゴーヤの佃煮苦くないレシピ

【材料】
ゴーヤ300g
醤油70cc
酢50cc
砂糖100g
みりん50cc
酒少々
かつおぶし適当

 

【作り方】
①わたをしっかり取って、5mm ぐらいに切る

②塩をふって軽くゆがく

20160703_165151

③湯をきって、醤油、砂糖、みりん、お酒、酢で味付けします。

④水分がなくなるまで煮る(始め強火、そのあと中火、アクを取る)

⑤仕上げにかつおぶしを入れて混ぜ合わせる

20160703_173121

20160703_173234
これを教えてもらったので、
この2本のゴーヤを1.5倍で作ってみました。

20141001_180722

スポンサードリンク

 

これは、ママ友が作ったゴーヤの佃煮と私が作ったゴーヤの佃煮の比較です。
左が、ママ友で右が私。色とつやが違うわ???
20141002_111154

 

ママ友のこっちがママ友の作ったゴーヤの佃煮のアップ。
照りがあるのよねぇ~、砂糖の量と醤油の種類が違うのかしらね??
20141002_111322

 

私のは、砂糖が少ないかも・・
でも、結構な量砂糖入っているとおもうんだけど・・
しかもかなり甘いのよ。
でも、はじめてなら十分カモ。
かつお節がいい仕事しています。

20141002_111256

ゴーヤの佃煮の保存方法は?

この佃煮は、大量にできても、小分けして冷凍できるんです。
お弁当に入れるのも便利なので、
小分けにラップして冷凍庫に常備しています。
なので、今までゴーヤをたくさんもらうと
ちょっと困っていましたが、
今では、ゴーヤを見ると佃煮の事しか考えられないくらい(笑)

このゴーヤの佃煮は、ご飯のおともしばらく楽しめそう♪

まとめ

今年の夏も沢山のゴーヤを食べましたぁ~。
まだまだ、美味しい食べ方ありますね。

娘がこのレシピなら食べれるようになったので、
やっぱり甘みを加える事かな?と思いました。
ただ、苦味と甘みのバランスって難しいですよぇ~。

参考までに♪
ピーマン嫌い克服レシピは?嫌いな原因これで克服【小学生体験談】
ゴーヤの天日干しの作り方?保存に最適!!栄養価が増す?レシピは?
ゴーヤ黄色は食べらるの?赤い種は?食べ方レシピは?

-暮らし
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


関連記事

年賀状の一言上司に新入社員からの例文は?年賀状の書き方のマナーは!!

新入社員の方にとっては、初の社会人としての年賀状。 同僚はともかく、上司の方への年賀状への一言、 どんなものがいいのかしら?例文は? 年賀状の書き方もマナーもおさえて、 失礼のない年賀状を出しましょう …

厄年女性の大厄33歳の過ごし方でやってはいけない事がある?厄払いはいつどこで?

厄年ってやっぱり気になりますよね。 スポンサードリンク 女性の30代は厄年のオンパレード。 厄年の数え方や期間はいつまで? 結婚・妊娠・出産など厄年をどう過ごしたらいいの? 特に気になる、女性の大厄3 …

40代ブラは体型に合ってる?ブラのチェックポイント

40代になって、何が嫌かって 下着で窮屈になる程嫌なものはないですよね? スポンサードリンク では、大きめ買えばいいのかって・・・ それも違います!! 体型に合わないブラをつけていると あなたの体は大 …

ホテルエピナール那須口コミ体験記子連れにおすすめホテル♪

那須高原といえば、我が家の定番に「ホテルエピナール那須」 ベビーカーを引いた子連れファミリー層に大人気。 そんなホテルエピナール那須の宿泊体験記です。 スポンサードリンク 関連

だるまの目入れは右と左どっちから?だるまを置く場所にきまりはあるの?

縁起物のだるま。 スポンサードリンク いざだるまに目入れしようと思うとどっちから目をいれたらいいの? 右目?左目? だるまの設置場所やだるまの奉納方法はどうすればいいの? などお伝えします。 スポンサ …