年賀状の一言上司に新入社員からの例文は?年賀状の書き方のマナーは!!

%e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b6%e4%b8%80%e8%a8%80%e4%bc%9a%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%84%e5%8f%8b%e4%ba%ba新入社員の方にとっては、初の社会人としての年賀状。
同僚はともかく、上司の方への年賀状への一言、
どんなものがいいのかしら?例文は?
年賀状の書き方もマナーもおさえて、
失礼のない年賀状を出しましょうね!!

スポンサードリンク

年賀状への一言上司に新入社員からの例文は?

社会人としての初年賀状
好印象を与える一言には次の3つのポイントを抑えましょう。

①一年お世話になったお礼

②今年もますます頑張るという豊富

③上司があなたで良かったという感謝の一言

この3つが込められていると
もらった相手にも響く一言になると考えています。

【例文】

「昨年は大変お世話になりました。
今年は飛躍の年になるよう精進いたしますので、
引き続き、ご指導よろしくお願いいたします。
●●課長もと、厳しくも楽しく仕事ができる日々に感謝しています。」

いかがでしょう?

新年早々、目にする言葉です。
前向きな言葉、やる気を見せることで、
上司ももらってうれしい年賀状になると思います。

例文をアレンジして、
上司を想像してみてください。
自然に一年の事が思い出され、感謝の言葉もででくると思いますよ。

また、一言添える時は必ず自らの手書きで!!
その方が、思いが伝わります。

年賀状の書き方のマナー

社会人として恥ずかしくない最低限のマナーを守りましょう。

上司の年齢やキャラクター、人柄によってもかわりますが、
こちらでは、押さえておいてほしいことをお伝えします。

〇絵柄はイラスト使用もOK

しかしながら、あまりふざけた感じねないもの、
社会人になったのですから、常識ある範囲のものを選ぶ。
日本を象徴する鳥がモチーフ【 NIPPONの鳥 年賀状 】

スポンサードリンク

〇宛名もPCの印刷が一般的。

すべて手書きにする必要はありません。
誤字・脱字や内容に気を付けてる事。

また、印刷の設定うまくいっていない、
ずれているなど、いかにも失敗している感じは避けてください。
良く見かけるのは、表の宛名は正しいけれど、
裏側の印刷の上下が逆になっているハガキ、
このような印刷ミスのハガキは使用しないようにしてくださいね。

〇縁起の悪い言葉は避けましょう。

去る
滅びる
絶える
衰える
破れる
失う
枯れる
倒れる
病むなど。

〇「去年」という言葉は使わない

「昨年」か「旧年」を使う

〇句読点は使わない

喜ばしい出来事は続いた方が良いので、
区切りをつけないという意味合いでも句読点は用いないそうです。

〇修正テープを使用しない

修正テープで書き直した年賀状は使わない。

〇1月1日の元旦に到着するように投函する

12月25日を目途に早めに投函する。

まとめ

年初に上司に堂々とアピールできるのが年賀状かもしませんね!!
社会人としての配慮と常識をもって、
印象にのこる年賀状を出してくださいませ。

*まだ間に合います。
社会人として恥ずかしくない年賀状もこちらから選べますね♪
挨拶状ドットコム 年賀状印刷
NIPPONの鳥年賀状

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す



Website Protected by Spam Master


関連記事

喪中の初詣は神社に行けないの?喪中と忌中の違いは?お札やお守りはどうする?
勝沼ぶどうの丘ワイン祭りはいつ?ワインカーブでの試飲もできる?
大宮公園桜の見ごろと混雑とアクセスは?パワースポット氷川神社にお参りも。
バレンタインに甘くないチョコをつくろう!!チョコとスパイスのレシピ♪
クリスマスに子供とみたいおすすめDVDランキング
七草がゆは朝に食べるもの?七草がゆの作り方と副菜は?
2014年吉祥寺駅周辺イルミネーション情報♪見所は?
熱海伊豆山神社の桜の見頃とアクセスは?縁結びパワースポット紹介♪
月見は十五夜と十三夜の両方を観る?十五夜と中秋の名月の違いは?
勝沼ぶどう祭り2016は雨天決行?シャトルバスはある?混雑状況は?
土浦花火大会シャトルバスの運行は?どこで見る?おすすめスポットは?雨天は?
阿佐ヶ谷ハロウィン仮装コンテストはいつ?仮装で人気2016年?
ホワイトデーのお返しは義理でも職場でもセンスが大事?!
ぶどう狩り山梨甲府の愛宕園に行ってきた!おいしいぶどうの選び方とお取り寄せ方法も。
大宮公園の紅葉の時期はいつ?小動物園と氷川神社も。

Menu

HOME

TOP