エンジョイ・ライフ

毎日の生活をもっと楽しく♪知っていれば便利でお得な情報満載です。

子供 暮らし

アンダリゾート伊豆高原に誕生日に行ってきた♪子連れにも優しいホテル!!

投稿日:2015-11-04 更新日:

口コミでも大人気のアンダリゾート伊豆高原。
小学四年生の誕生日旅行で行ってきました♪
誕生日や記念日に利用する方も多いのは、
スタッフの皆さんが感じがよいだけではない、
たくさんの仕掛けがありましたぁ~。
小学四年生が喜んだポイントなど含めてご紹介します♪

スポンサーリンク

アンダリゾート伊豆高原で誕生日旅行を楽しむ!!

我が家の小学四年生女子はとっても生意気。
大人みたいリッチな旅がしたいなど言ったりする
彼女の心を動かし、
「今までの旅行で一番楽しかった!!」と言わしめたのが
アンダリゾート伊豆高原です。
そのポイントを紹介します。

①バリ気分満喫とオールインクルーシブの料金制。

「おかえりなさいませ」と迎えられるアンダリゾート伊豆高原。
アンダリゾート誕生日子連れ旅行 (76)
バリ風の内装とお香の香りと、ガムランなどの音楽。
アンダリゾートに入ると一気に日常を忘れます。

しかも、料金制度がすべてコミコミで、オールインクルーシブ。
一部お食事の時のアルコールで別料金はありますが、
基本的なアルコールも無料。
ホテル内の施設利用がすべて無料。
・レンタサイクル
・足湯とフィッシュエステ
・貸切露天風呂
・ビリヤード
・卓球
・パターゴルフ
・カラオケ
・ゲーム
・ハンモック
・バトミントン
・ラウンジの飲み物&アイス
・お部屋のマッサージチェア

などなど。

何しても無料で楽しめる、好きな時に好きな事ができる。
アンダリゾート誕生日子連れ旅行 (21)
いつもはのんびりの娘も、あれも、これも、したい。
娘にとっては天国のようでしたよ。
だからと言って、のんびりしたい時は何もしなくてもいい。
南国のムードでのんびりしたっていいんです!!

あっ、忘れてました。

そして、夜食がつく!!

10時頃お部屋を抜け出して、
小腹を見たしにレストランに向かう。
バータイムですけど、娘はラーメンを食べて満足していました。
普段なら寝ている時間。
夜更かしして、また食べる。

最高に楽しかったんだろうと思います。

②天蓋付ベットとネコ足バスタブに気分がもりあがる♪

娘の憧れの天蓋付ベット。
ヨーロッパ調ではありませんが、お姫様気分を味わえる。
そんなお部屋です。
アンダリゾート誕生日子連れ旅行 (36)
我が家は、本館の102号室に宿泊。
お部屋には、バスユニットの他に、
ベランダを下りていくと半分は外の浴室にネコ足バスタブ。
もちろん、ここもシャワーがあるので体も洗えます。
でも、お湯をためて、のんびりゆったりバスタイム。
アンダリゾート誕生日子連れ旅行 (53)
夜と朝楽しむという贅沢な時間。

彼氏と一緒なら更にもりのあがるでしょうね♡

③誕生日ケーキと記念日を盛り上げる演出♪

アンダリゾートを予約するときに、
「娘が10歳の誕生日なのでお祝いお願いしたです」
と伝えました。

「心ばかりのお祝いのケーキをお付けします。
タイミングはこちらにお任せください」
とアンダリゾートの方より。

とは言え、夕食の時よねぇ~と私も娘もドキドキしながら
コース料理を楽しんでました。

コース料理も後半、デザートの手前あたりで
急にレストラン内が真っ暗に!!

いよいよか、いよいよか?とドキドキ。

そうすると、デザートプレートにロウソクの光が浮き上がり、
ホテルスタッフの方が一人ずつテーブル席まて運んでいく列が。
アンダリゾート誕生日子連れ旅行 (140)
それがものすごい人数なんですよ。
驚きました。

テーブルに一人とはいいませんが、
誕生日や記念日の方が多いこと!!

でも、逆に言えば、みんなでお祝いできるからいいんでしょうね。

そして、ガラス張りの窓の外に一瞬花火が上がりました。
おぉぉぉぉ!!
(外でスタッフの方が走りながら花火をあげている感じ・・)
アンダリゾート誕生日子連れ旅行 (141)
誕生日記念日の方のテーブルに回ってきて、
スタッフの方が写真を撮ってくれます。
その写真も翌日にはもらえるんですよぉ~ステキ。

スポンサーリンク

我が家は小学生の誕生日ですが、
彼女の誕生日を祝う人、プレゼントを渡す人、
ファミリーやお友達の団体出来ていてお祝いする人。
感動したのが、
結婚20周年をお祝いするご夫婦です。
どうやらご主人からのプレゼントみたいだったんです。
そのテーブルだけ、スタッフの方がお祝いのコメントを言って
なんと、奥様泣いちゃったん

ひですよぇ~。
私も思わす泣きそうになりました。

みんなが記念日をお祝いしあう。
素敵な空間に変わりました。

④幸せの青いカエル探し♪

ホテルの中でのイベントもとっても楽しい。
幸せの青いカエル探しに夢中になりました。
これは続きがあるんですがね・・・
こちらを参照
s-20151024_152258
これ以外にも、ちょろQもあり、
このちょろQをぴったりに止めたカップがいて、
無料宿泊券をゲットしていました。
なんて、羨ましい。
これで、彼氏のカブもあがったことでしょう♪

我が家はまったくだめでした・・・。

アンダリゾート伊豆高原で青いカエル探し!場所は?

⑤チェックイン前チェックアウト後も楽しめる!!

チェックアウトは、11時。
伊豆高原はたくさん観光できる場所もあるので
観光しても良かったのですが、
我が家の娘は、まだまだ施設内で楽しみたいと。

11時にチェックアウトした後も、
ラウンジで大好きになったグリ茶を飲み、
アイスを食べながら、足湯とフッシュエステを楽しみ、
先日気持ちがよかったハンモックも行きました。
アンダリゾート誕生日子連れ旅行 (31)
アンダリゾート誕生日子連れ旅行 (33)
アンダリゾート誕生日子連れ旅行 (89)
その後は、また卓球をして・・・と。
いつまでもあそんでいられそう。

伊豆高原駅まで送迎があり最終が確か、12時30分。
我が家は一つ前の、12時15分まで帰りました。
この時間は我が家の1組でしたが、
ちゃんと帰るバスで駅まで送迎。
最後まで楽しめた旅でした。

そうそう、チェックインは、15時ですが、
我が家は13時に伊豆高原から電話して、
迎えに来てもらいました。
なので、ほぼ24時間楽しめました。
フロントでチェックインの手続きをして
お部屋に案内されるまでの時間は、
やはり、ラウンジで同じように飲んで食べて遊んでいました。
お土産以外の料金はかからず、
楽しめた一日です。

最後に・・

大満足な旅行でした。
ママとして残念なのは、もっとゆっくりお風呂に入りたかったことです。
したいこと、遊びたいことがたくさんありすぎて、
大浴場をゆっくり楽しむ時間が朝しかありませんでした。
もちろん、予約制の露天風呂45分間楽しみました。
暗闇の露天風呂で誰に遠慮もなく二人で大声で歌いました。
お部屋では、ネコ足のバスタブも楽しみました。
だけど、大浴場が・・。
これを考え得ると、1泊では楽しみ切れないのかも。
来年は、連泊できるよううにしたいと思っています。

【アンダリゾート伊豆高原】

住所:〒413-0232静岡県伊東市八幡野1133

TEL:0120-759-026

FAX:0557-53-9466

アクセス:伊豆急行線 伊豆高原駅より徒歩10分(送迎有)/東名厚木IC→小田原厚木道路・小田原IC→R135号より約2時間

駐車場:有り 50台 無料

チェックイン 15:00 (最終チェックイン:24:00)

チェックアウト 11:00

我が家の予約は楽天から!
楽天ポイントもがっつり貯めます!!
【楽天トラベル】ホテル&スパアンダリゾート伊豆高原をチェックする!!

参考までに♪
アンダリゾート伊豆高原は子供のお気に入りおやつが充実!夕食時間とバータイムと朝食も。
アンダリゾート伊豆高原で青いカエル探し♪場所は?

スポンサーリンク

-子供, 暮らし
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


関連記事

安いワインも美味しくなるホットワインのレシピと効果とは?

スーパーのお安いワインも美味しく飲める。 それが、ホットワインです。 スポンサーリンク しかも、美味しいだけじゃいない、 体にもよくて、美容効果もあり。 少し肌寒く感じる夜に、是非試してくださいね。 …

キャンプリュックこどものブランドは?大きさは?寝袋のメーカーは?カッパどうする?

夏休みには、小学4年生の娘が本格的キャンプ初体験!! この夏で大きく成長してほしいと願う母ですが、 準備も大変なんですね・・・。 キャンプのリュックはどう選ぶ? 大きさや容量、ブランドは? 寝袋子供に …

浄化の塩の種類は?盛り塩を置く場所や交換時期なども。

運気アップの為にお家を清める事が大切。 ということで、 断捨離したリ、掃除したり頑張っている我が家。 そして、マイナスの気が入り込まないように 最後に「盛塩」もしています。 塩には浄化の作用があるとさ …

アンダリゾート伊豆高原で青いカエル探し♪場所は?

バリ気分を味わえると人気のアンダリゾート伊豆高原。 天蓋のベットにあこがれている小学四年生の娘と二人旅。 見どころたくさん、遊ぶところたくさん、 料理もたくさん、温泉もたくさん。 今回はその中で娘も必 …

子供の乗り物酔い対策に湿布が使えるって知ってた?貼る場所紹介♪

いつのころから乗り物のするようになった我が家の娘。 最近では、電車に乗ってしばらくしばらくすると「気持ち悪い」だって。 「これではお出かけできないじゃない?」 学校の遠足なども本当に心配です。 子供の …

プロフィール



始めまして、ほしみです。
ぽっちゃり娘の事や大好きな神社の事をお伝えしています。
毎日の中に小さな楽しみを見つけよう・・そんな40代主婦のブログです。

運営者情報はこちら