インフルエンザ予防にアロマスプレー作り方!!精油の種類と使い方は?

アロマインフルエンザ流行していますね。
対策としてアロマも使えるかも。
アロマスプレーの作り方をご紹介します。
インフルエンザ対策におすすめの精油の種類は?
使い方なども合わせてご紹介いたします。

スポンサードリンク

インフルエンザにアロマスプレー作り方をご紹介

精油の中には、強力な抗菌・抗ウィルス作用を持っているものもあるのです。

その中でもポピュラーなのが
「ティートリー」「ユーカリ」ですね。

それぞれの特徴は?

【ティートリー】

「細菌」「ウィルス」「真菌」といった様々な菌から守ってくれる作用があります。
健康な小さな子供から高齢者の方まで使える精油です。

【ユーカリ】

アボリジニーの人達はユーカリを、
風邪や熱病、リウマチ、ヘビの咬傷、赤痢、花粉症、神経痛、
さらに筋肉の痛み等に広く利用されてきました。
昔からあるハーブですが、
最近では市販の咳止め軟膏にも入っていいます。

この二つを中心にアロマスプレーを作っていきましょう。

スポンサードリンク

アロマスプレーの作り方

【用意するもの】

無水エタノール  10ml
精製水      50ml

精油
ティートリー・ユーカリ
ラベンダー・オレンジスウィート
のお好きな組み合わせて10滴

【作り方】

1.容器に無水エタノールを入れ、精油をたらして軽く混ぜ合わせる
2.精製水を入れ、よく振って混ぜるれば出来上がり。

簡単ですね。

これなら、家中シュシュしても気楽に使えますね。
この時期乾燥していますので、
私もシュシュシュするとすぐになくなってしまいます。

ユーカリとティートリーを中心にして、
好きな香りと組み合わせて行けばよいと思います。

精油だけを垂らしておくだけでも良いのですが、
アロマスプレーにしておくと、
持ち運びが簡単で使い勝手が良いので
外出先にも持ち運べます。

例えば、
食事前に手やテーブルをシュッとしてひとふきする。
その他気になるところにシュシュできます。

作っておくと大変便利です。

だだし、医療品ではないので、効果は保証できません。
また、アロマなので、
除菌などの対策以外の面で、
リラックスやストレス解消には良いと思ってくださいね。

アロマなので、
そもそもこの臭いがダメ・・という方もいるかもしませんね。

特に男性やお子さんでは気になるか方がいるかもしれません。
そんな時は、仕方ありません。
市販の除菌スプレーを使ってくださいませ。
家の中で感染を広めないために、今はとにかく気を付けることが大切です。


【追記】

ユーカリ系のスッキリした香りが苦手という方には
以下の香りもおススメです。
これらの精油も抗菌、抗ウィルス作用の特性をもっています。
・ローズウッド
・ローレル
・フランキンセンス
・ホーウッド
試してみてくださいね♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Website Protected by Spam Master


関連記事

犬が熱中症になりやすい時期は?室内での対策と散歩など屋外では?
二の腕のブツブツの原因は肥満?あかすりしていい?治療法は?【体験談】
熱中症対策スポーツドリンクを薄める?ハイポトニック飲料とは?作り方は?
子供の乗り物酔い対策に湿布が使えるって知ってた?貼る場所紹介♪
熱中症対策に甘酒が有効な理由とは?朝飲む?飲み方のアレンジは?
noimage
いびきの原因は肥満?解消する方法は?便利グッズを紹介!!
髪の毛洗い過ぎが抜け毛の原因?おススメシャンプーはアミノ酸系?
マヌカハニーはインフルエンザ予防になるのは殺菌力のおかげ?食べ方は?
おたふく風邪は予防接種をしてもかかる?熱や腫れが軽くても感染してる?
鼻うがいの効果でいびきが解消できる?簡単で痛くないやり方を紹介します!!
みかんビタミンCその含有量は?一日何個までが良いの?効果的な摂取の仕方は?
ハイポトニック飲料作り方とアレンジは?市販のおすすめは?
インフルエンザの水分補給はポカリがいいの?アクエリアスやそれ以外の飲み物は?
インフルエンザA型でイナビルの使い方と効果と副作用は?

Menu

HOME

TOP