エンジョイ・ライフ

毎日の生活をもっと楽しく♪知っていれば便利でお得な情報満載です。

神社・パワースポット

初午はいつ?初午祭2018東京ではどこに参拝?稲荷の意味とお供えは?

投稿日:2017-01-04 更新日:


blog5稲荷神社では、「初午」って聞くけど、
正直あまり意味がわかってなかった・・。
2018年の初午っていつ?
初午入りの意味とお供えは何?
初午祭東京ではどこに参拝する?などお伝えしますね。

スポンサーリンク

2018年初午はいつ

初午とは、
2月最初の午(うま)の日のことをいいます。

「午」は十二支の一つですね。

十二支は・・
「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」

2018年の初午は、2月7日(水)になります。

初午に稲荷詣でをする風習があります。
稲荷詣は、初午詣でとも言い、
家内安全、商売繁盛、開運などをお願いします。

初午祭東京ではどこに参拝?

2月の最初の午の日に
全国の稲荷神社で「初午祭(はつうまさい)」が行われます。

この初午祭りの由来は、
京都の伏見稲荷神社の御祭神が、
和銅4(711)年の2月の初午の日に、
稲荷大神が三ヶ峰の山上に初めて降り立ったことによります。

今年は、東京で初午祭りに参加してみよう!!
と思ったときに、ひらめいたのは
「東伏見稲荷神社」

初午祭りが京都の伏見稲荷神社から始まったとすれば、
東伏見稲荷神社はこの京都の伏見稲荷大社から
関東の守護神として奉迎された全国で唯一の分社だからです!!

東伏見稲荷神社についてはこちらを参照してみてね!!
東伏見稲荷神社アクセスバスの時刻表は?時間と御朱印も。

調べてみると、
東伏見稲荷神社の初午祭りは、
国の無形文化財に指定されている
松本源之助社中による里神楽が奉納されるらしいのです。

東伏見稲荷神社初午祭2016の様子

とは言え、
初午祭りとしては、
王子稲荷豊川稲荷の方がはるかに賑わいがあるらしいです・・・。
豊川稲荷東京別院ご利益は?金運と縁切り?アクセスは?節分祭も。

また、初午祭を旧暦で行う神社もあるらしいですよ。

新暦 初午 2/7(水)
旧暦 初午 3/15(木)

私の大好きな東京大神宮にある
飯富稲荷神社の初午祭は、旧暦でした。

スポンサーリンク

なので、
飯富稲荷神社の初午祭は3月15日の午前11時~

でした。

旧暦で初午祭をするところもある事、覚えておいてくださいね。

稲荷の意味とお供えは?

お稲荷様といえばと言えば、 「狐」

%e3%81%84%e3%81%aa%e3%82%8a%e5%af%bf%e5%8f%b8
使いである狐の好物が油揚げであることにあやかり、
「いなり寿司」をいただくことになりました。

我が家では、こちらのいなりをつかって大量いなり寿司を作りまぁ~す。
とってもリーズナブルなので無添加で安心していただけます。

まとめ

いなり寿司を見たら、初午を思い出しそう♪
今年は、東伏見稲荷神社か飯富稲荷神社の初午祭に
行ってみようと思います!!

スポンサーリンク

-神社・パワースポット
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


関連記事

伊豆高原パワースポットの来宮神社って?見どころとアクセスは?

伊豆高原には、人知れずひっそり佇むパワースポットがあります。 伊豆高原の来宮神社の事。 正式名称は八幡宮来宮神社。 ここは、森のような神秘的な神社です。 伊豆高原の八幡宮来宮神社の見どことアクセスなど …

小網神社どぶろく祭2017時間は?みみずくゲットは何時まで?

金運神社として人気の小網神社。 どぶろく祭りでは、 強運厄除けの「みみずく」も販売されます。 これは是非ともゲットしたい。 小網神社どぶろく祭りは2017年の時間は? みみずくをゲットするには何時まで …

三嶋大社でお水取りできるパワースポット!ご利益や見どころを紹介♪

三島駅から徒歩10分ほど。 水も豊富、緑もの豊かなこの土地の 三嶋大社は有名人が結婚式をすることもあるほど有名。 この三嶋大社はお水取りができるパワースポットです。 ご利益や見どころ・パワースポットも …

山梨身曾岐神社行ってきた!御朱印と見所と参拝者が急増なわけは?

ゆずファンではないけれど、 一度は行ってみたいと思っていた山梨の身曾岐神社(みそぎ神社)。 ようやく行くことができまた。 広い敷地にびっくりな森の中の神社。 御朱印と見どころについてお伝えします。 ま …

熱田神宮パワースポットの場所とは?見どころとアクセスは?

パワースポットとしても有名な熱田神宮に行ってきましたぁ♪ 初めてなのでドキドキで楽しみ。 こんな時は、あまり下調べせずに、 自分の感じるままに熱田神宮を楽しもうと決めていました。 本宮、大楠、神池など …

運営者情報はこちら