エンジョイ・ライフ

毎日の生活をもっと楽しく♪知っていれば便利でお得な情報満載です。

健康

髪の毛洗い過ぎが抜け毛の原因?おススメシャンプーはアミノ酸系?

投稿日:

髪の悩み清潔にしているのに抜け毛が多い・・
そんな人も多いのでは。
周りの目を気にして綺麗にしているのにねぇ~。
でも、もしかしてそれって自意識過剰で
髪の洗い過ぎが抜け毛の原因じゃないの?
では、どうしたらいいのかしら?
正しいシャンプーの仕方とおススメアミノ酸系シャンプーは??
などお伝えします。

スポンサーリンク

髪の毛の洗い過ぎが抜け毛の原因?

女性も男性も、清潔感のある人が人気がありますよねぇ。
清潔感をkeepするために、一日に何度もシャンプーしたり、
そんな洗い過ぎが抜け毛の原因だったりします。

垢やホコリだけなら水のシャワーだけでも十分洗い流すことができます。

皮脂は水にとけにくいので「温水シャワー」すれば十分洗い流せます。

それなのに、シャンプーをつけてゴシゴシ洗いすぎると
それは頭皮も乾燥するはずですよね・・・。

汚れを洗い流すことだけ考えたら、「水シャンプー」流行りましたもんね。

さて、
頭皮が乾燥すると、フケやかゆみ、そして髪が傷んだり痩せたり、
抜け毛や薄毛の原因なってしまいます。

まさに、逆効果。

洗いすぎには気を付けましょう。

ては、正しいシャンプーの仕方は?

正しいシャンプーの仕方

①髪を洗う前にしっかりブラッシングして汚れを落としましょう

②ぬるま湯(38℃~40℃)で地肌からしっかりぬらしておきましょう。

③水分が多すぎると泡立ちが悪くなるので、毛先の水分手のひらで抑えてきっておきます。

④シャンプーはしっかり泡立てます、泡立てずにシャンプーを地肌に付けると、頭皮のトラブルの原因に。

⑤泡で頭皮をマッサージするように、指の腹であらいます。

⑥ぬるま湯ですすぎのこしがないように、しっかりすすぎましょう。

スポンサーリンク

薄毛おススメシャンプーはアミノ酸系?

薄毛の予防に効果があるのは、
頭皮への刺激が弱いアミノ酸系シャンプーが適しています。

①女性専用の無添加頭皮ケアシャンプー【マイナチュレ・シャンプー】

②100%天然由来のオーガニックシャンプー【Herb Garden(ハーブガーデン)】

③゜大人のためのエイジングヘアケアシリーズ「FORM(フォルム)」

まとめ

抜け毛には様々な事が影響しています。
洗いすぎもその一つ。
食事や、生活習慣、運動、睡眠、ストレスなど見直す必要がありますが、
まずは、アミノ酸系シャンプーで優しく洗いあげてくださいませ。
くれぐれも洗いすぎには注意してくださいね。
参考までにこちらもどうぞ♪
薄毛40代女性の対策は?シャンプーはどうする?ヘアスタイルは?
髪の毛縮れ毛が増えた原因はストレス?治す方法は?縮毛矯正は?
加齢による髪のうねりの原因と対策は?40代で気を付けることは?

スポンサーリンク

-健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


関連記事

no image

デング熱感染に注意!!蚊の活動温度と活動時期は?

  上野公園でテング熱に感染した人がいると発表されました。 上野動物園や博物館がたくさんあるのに・・・ 子どもを連れていくのを考えてしまいますね。 スポンサーリンク いつまでテング熱に注意 …

花粉症のメイクでアイシャドウやコンタクトはどうしてる?メイク崩れは?

花粉症つらいですよね・・・。 私もいよいよ今年から花粉症デビュー?? スポンサーリンク 目の周りがしょぼしょぼか痒くて仕方がない。 花粉症のメイでアイシャドウはどうする?コンタクトは? 気になるメイク …

子供の乗り物酔い対策に湿布が使えるって知ってた?貼る場所紹介♪

いつのころから乗り物のするようになった我が家の娘。 最近では、電車に乗ってしばらくしばらくすると「気持ち悪い」だって。 「これではお出かけできないじゃない?」 学校の遠足なども本当に心配です。 子供の …

ヤクルトにインフルエンザの予防効果があるの?効果的な飲み方は?

スポンサーリンク インフルエンザ流行っていますね。 家族や学校で流行しても、インフルエンザに感染せずに 予防できる方法があれば安心です。 受験生やどうしても仕事を休めない人も実践している? ヤクルトに …

子供の足が臭い時は洗い方を見直して!重曹やミョウバン水も有効?靴の使い方も。

足が臭いっておじさんだけじゃないんですね。 子供の足が臭いと悩んでいるママ友も結構います。 なかなか本人は自覚がなくても、周りの人から 「ちょっと・・」って言われてしまったり、 逆に本人が気にしすぎて …

運営者情報はこちら