エンジョイ・ライフ

毎日の生活をもっと楽しく♪知っていれば便利でお得な情報満載です。

季節のイベント

初詣でのおみくじはいつまで?おみくじ大凶なら何回でもいいの?

投稿日:2014-12-31 更新日:

初詣おみくじ初詣のおみくじはいつまで?おみくじの効力の期限はあるの?
初詣でおみくじが大凶だったら、何回でもしていいのかな?
意外としらないおみくじの作法は?
等お伝えします。

スポンサーリンク

初詣のおみくじっていつまで?

そもそも初詣は三が日に行くものと思っている人が多いようですが、
「松の内のまで」ともいいます。
松の内というのは、正月の門松や松飾りを飾っておく期間のことです。
大まかに、関東では1月7日まで、関西では1月15日までのことが多いと言われています。

よって、松の内までに初詣に行き、おみくじを引くのがいいですね。

だだし、初詣もおみくじもその時でなければ絶対いけないということはありません。

年が明けて、初めてのお参りが初詣であり、
その時がおみくじ初って事になります。

 

初詣でおみくじが大凶?いつまで効果あるの?

そもそのおみくじの吉凶の順番をご存知ですか?

大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>末小吉>凶>小凶>半凶>末凶>大凶

なんです。
こんなにあって、大凶だとかなりへこみますよね。

だだし、おみくじは神様のメッセージなんです。
吉凶だけをみて、一喜一憂するのではなく、
たとえ、「大凶」だとしても、
内容までしっかり読んで、アドバイスを参考
日々の行動をよく振り返る謙虚な気持が大切です。

 

また、おみくじの効果がある期初は
初詣で、特に願掛けしていないときは、一年です。

だだし、願掛けをしたら、
願掛けをした日から願い事が成就するまでだそうです。

 

大凶がでて、「もう一度おみくじをひきたい!!」
そう思うこともありますが、
これも神様からメッセージ、謙虚にうけとめて
もう一度引くとしたら、日を改めてからにしましょう。

大凶がででもむしろ幸運と考える人もいるようです。
大凶をあてる確率なかなかのものですからね。

とにかく、大凶という言葉にばかりきをとられず、
メッセージをうけとめてくださいね。

スポンサーリンク

初詣のおみくじは結ぶ?持ち帰る?

大吉や吉の時は持ち帰る方か多く、
凶や大凶の時は指定の場所に結ぶことが多いようですね。

ちなみに、私は大吉でも大凶でももちろんそれ以外でも持ち帰ります。
そして一年使うノートに貼り付けます。
中に書かれている神様からのメッセージを大切にしたいと思っているからです。

実際は、結んでも持ち帰っても良いようです。
何度もいいますが、そこに書かれている神様からのメッセージが大切なんですよ。
また、おみくじを処分するときは、むやみにゴミ箱などに捨てずに
神社に返しにいきましょうね。

まとめ

初詣のおみくじは一年を占うようで、
なんとも意味深で気になりますよね。
今年は、吉凶だけでなく、
内容・メッセージもしっかり受け止めてみてくださいね。

スポンサーリンク

-季節のイベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


関連記事

お正月のおせちを食べてもダイエットは出来る?!

クリスマスからお正月、美味しいものがたくさんですね。 季節のイベントを楽しむならば、お料理も我慢したらもったいない。 スポンサーリンク お正月のおせちを食べてもダイエットはあきらめない!! カロリーや …

お花見の服装寒いので対策を!フッションと持ち物等防寒対策あれこれ。

女子ですから、おしゃれは必須ですが、 お花見の雰囲気に会わないものはダメですよね。 スポンサーリンク お花見なのにヒールとか、白で汚れが目立ってしまうものなど、 周りの人が配慮しなければいけない服装は …

勝沼ぶどう祭り2018は雨天決行?シャトルバスはある?混雑状況は?

ぶどうで有名な山梨勝沼のぶどう祭り。 気候の良いこの時期に、外でワイン片手に楽しみませんか? 勝沼ぶとう祭りはいつ? 混雑状況は? ワインも飲めますからね、電車で行く方が楽しめます。 シャトルバスの頻 …

井の頭公園の桜の見頃と場所取りは?子連れ花見で注意する事は?

都内で子供連れで楽しめるお花見は、井の頭公園。 私も1歳のころから連れて行ってます。 今年のお花見の見頃と場所取りは? 子連れならではの楽しみ方もお伝えしますね。 スポンサーリンク

湯島天神の梅の見ごろはいつ?梅まつり夜観梅ライトアップも楽しもう。

受験生にはおなじみの湯島天神は、梅の名所知られています。 九州の大宰府に流されることになった道真公が 「東風(こち)吹かば 匂いおこせよ 梅の花 あるじなしとて春な忘れそ」と詠んでいます。 スポンサー …

プロフィール



始めまして、ほしみです。
ぽっちゃり娘の事や大好きな神社の事をお伝えしています。
毎日の中に小さな楽しみを見つけよう・・そんな40代主婦のブログです。

運営者情報はこちら