エンジョイ・ライフ

毎日の生活をもっと楽しく♪知っていれば便利でお得な情報満載です。

暮らし

冬至にかぼちゃを食べる由来は?かぼちゃ以外にも運気をアップさせる食べ物は?

投稿日:2014-12-08 更新日:

kabocha1冬至の時に食べるもの言えば、かぼちゃ。

でも、どうしてかぼちゃなの?冬至のかぼちゃの由来は?
かぼちゃ以外に食べると良いものってある?
等お伝えしますね。

スポンサーリンク

冬至のかぼちゃの由来は?

2016年の冬至は、12月21日
夏至と反対に、夜が最も長く、昼が短い日。

夏至から徐々に日照時間が減っていき、
太陽の力が一番衰える日と考えられます。
そして、冬至を境に日照時間が増えていくので、
この日を境に運が向いてくるとしています。

中国では、この日から新年の始まる日で、先祖を祀る習俗があり、
一陽来復(いちようらいふく)とも言います。

昔は、夏に収穫したかぼちゃを
大切にとっておいてこの時期に食べていました。
冬至に食べるので冬野菜と思われがちですが、実は夏が旬のウリ科野菜ですよ。

 

保存のきくかぼちゃは
冬の時期の貴重な栄養源でした。

冬至にかぼちゃを食べると病気にならないといわれています。
その他にも「厄よけ」「中風(脳卒中)よけ」「風邪にならない」
「一年中おこづかいに困らない」「長生きする」などの言い伝えもあるそうです。

陰陽思想では冬を「陰」夏を「陽」と考えていました。

夏(陽の時期)野菜のかぼちゃを食べることで
「陽」の気を補うという意味もあるようです。

スポンサーリンク

 

冬至に食べるかぼちゃの効果

かぼちゃに多く含まれるカロチンは、体内でビタミンAに変化します。
長期保存でき保存している間にカロテンの量が増えるので、昔は冬の野菜が少ない時期の貴重なビタミン源でした。

ビタミンAは、肌をツヤツヤにし動脈硬化の予防になるだけでなく、

皮膚や粘膜、視力、骨や歯にも効果があります。

冬至に食べると良いのはカボチャだけではない?

【かぼちゃと小豆のいこと煮】は有名なところですね。

小豆を食べる理由は、小豆の赤色は悪いものを追い払うという意味で食べられます。

作り方は、簡単です。
カボチャを煮る最後にゆであずきとお醤油で味を調えるだけ。
それ以外にも・・・・

冬至には「ん」の2つ付く食べ物を食べて「運」を上昇させよう・・・という風習があります。
 ・南瓜(なんきん)=カボチャ
 ・蓮根(れんこん)
 ・人参(にんじん)
 ・銀杏(ぎんなん)
 ・金柑(きんかん)
 ・寒天(かんてん)
 ・饂飩(うんどん)=うどん

の、7つで「冬至の七種(ななくさ)」とも呼ばれています。

まとめ

こうやって冬至の過ごし方を考えてみて奥が深いですね。
かぼちゃや小豆を食べた後は、しっかりゆず湯に入って
厄払いして、また新し一年を迎えたいですね。

ゆず湯の由来についてはこちらか確認ください。
⇒ 冬至のゆず湯の由来とゆず湯の作り方

スポンサーリンク

-暮らし
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


関連記事

土用の期間に土いじりはダメ?土用は夏だけはないってホント?

土用の丑の日が有名ですが、 土用は夏だけじゃないってご存知ですか? 土用は年に4回あるんです。 土用の期間はいつからいつまで? 土用の入りって? 土用の期間と過ごし方?土いじりはしちゃいけない理由とは …

雛人形飾り方いつ飾る?雛人形飾り付けの左右はどっち?しまい方としまう日は?

雛人形を飾るのをうつかり忘れてしまう方・・・ 多いのではないでしょうか? スポンサーリンク 雛人形の飾り方いつ飾るのがいいのか? 飾り方は、男雛と女雛左右どちらなのか? 今年は忘れずに飾りましょうね! …

自転車汗で化粧崩れ対策はどうする?化粧直しの必需品と注意点は?

自転車通勤の女子には厳しい季節がやってきましたね・・・。 折角朝化粧しても汗でくだくだになってしまう自転車通勤。 自転車通勤汗で化粧崩れの対策はどうする? についてお伝えします。

厄年男性の大厄42歳の過ごし方は?やってはいけない事って何?厄除けはいつする?

仕事盛りの男性の大厄42歳の過ごし方はどうすればいいのでしょう? そもそも、厄年の数え方は? 厄年はいつからいつまで? 厄年の男性の新築や転職など大きな決断はしてもいいの? 厄年の男性でやってはいけな …

神棚を賃貸の我が家に設置?簡易で選んだなものは?無印の棚も候補?

神社大好きな私ですが、 やはり、家には神棚があったほうがいいよね・・・と。 とは言え、我が家は賃貸の狭い家。 ちゃんとした神棚なんて必要なし、 でもお札は正しく飾りたい。 というわけで、賃貸でもつかえ …