エンジョイ・ライフ

毎日の生活をもっと楽しく♪知っていれば便利でお得な情報満載です。

神社・パワースポット

金桜神社の御朱印は水晶の原石?御朱印帳は?お守りについても。

投稿日:

山梨県と言えば、水晶が有名。
今回の金櫻神社は、水晶発祥の神社。
そんな水晶発祥の神社の御朱印も素晴らしかった!!
金桜神社の御朱印と御朱印帳も紹介。
お守りもやっぱり水晶?もお伝えします。

スポンサードリンク

金櫻神社の御朱印は水晶の原石?

金桜神社は一の鳥居からはいり、
石段を上がり、杉林をとおりぬけ、
すがすがしい気分で、社殿前へ。

まずは、参拝してから御朱印をいただきましょうね。

参拝時は、こちらも忘れずに↓

ひんやりして、気持ちがいいです♡

そして、御朱印はこちらの社務所でいただきます。

御朱印を開き、お渡しする人
一人一人に目の前にで書いてくださいました。
私は、じーーーと見つめていました。

「文字が意外と細いんだな」
なんて眺めていたら、
次に取り出した、水晶の印に驚きました。

大きさと、力いっぱい押してください感じ
そして、どうみても水晶ではないですか?
なんだか、意味もなくうれしい♪



一人一人にこんな感じなので、
ちょっと時間はかかりますね。

スポンサードリンク

そして、いただいた御朱印がこちら↓
初穂料は300円

やはり書体は繊細ですが、
印はどーーんと存在感ありますね。

快く、写真を撮を取らせていただき、
ありがたいですね。

金桜神社御朱印帳は?

「桜の季節に鬱金の桜を拝み水晶のお守りをうけると、一生お金に恵まれる」とされる
だけあって、
もちろん、金桜神社の御朱印も桜ですね。
初穂料1500円です。

合わせて、水晶のお守りを販売されています。
こちらは、1000円です

「日本水晶の発祥の神社
此の水晶お守りは鬼(貧乏 怪我 火災 病気 事故 地震)等の
全ての災難が避けると言われる火の玉水の玉の二体入り水晶のお守りです」

やはり、こちらは人気があるようです。
すべての難をさけてくださるのは大変うれしい。

私がお守りを見ている時も、
年配のマダムが、6000円の水晶のブレスレットを購入していました。
こういう時は、ばーーんと気に入ったものを購入する方がいいんですね、きっと。

金櫻神社(かなざくらじんしゃ)の詳細

所在地:山梨県甲府市御岳町2347

アクセス:
JR中央本線甲府駅から金桜神社経由昇仙峡滝上行バスで50分
金桜神社のアクセスは甲府駅からバス?時間と料金!

電話:055-287-2011

御祭神 :
少名彦命(医薬の神)
大己貴命(国造りの髪・商売繁盛・縁結びの神)
須佐之男命(防災除疫・農業神)
日本武尊(開運出世・除災除の神)
櫛稲田媛命(夫婦和合・縁結び・金運招福の神)

まとめ

金桜神社は、かなり見所もあり、
気の良いパワースポットだと確信しましたよぉ。
ご利益や見どころ、アクセスなど引き続き紹介していきますね。
お楽しみに!
参考までに♪
金桜神社ご利益とパワースポット見所は?

-神社・パワースポット
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


関連記事

田無神社の一番札一楽萬開札はいつ手に入る?予約方法と郵送してもらえるの?

今年は大人気の田無神社。 いつもはお正月でも手に入る田無神社の 一番札一楽満開の札が売れきれていました・・・。 次は、節分ときいていたけど、 時は過ぎて、3月になってしまった・・ 一番札の一楽萬開の札 …

寒川神社アクセス電車では?受付時間と御朱印の場所も。

寒川神社と言えば、全国で唯一の八方除の神様であり、 相模国(さがみのくに)の一宮でもあります。 それだけでも、一度は参拝しておきたい神社。 ということで、寒川神社にいってきました。 寒川神社のアクセス …

立川諏訪神社のご利益と御朱印とアクセスは?酉の市も開催!!

立川諏訪神社に行ってきました!! 1200年の間信仰をあつめている歴史のある神社です。 ご利益と御朱印とアクセスをご紹介します。 立川諏訪神社は、酉の市も開催されますよ。 スポンサードリンク 関連

山梨の身曾岐神社アクセスは?営業時間は?ご利益や見どころも。

山梨の身曾岐神社って「みそぎじんじゃ」って読みますよ。 ここは、ゆずファンには聖地のような場所らしいですね。 そんな身曽岐神社へのアクセスは? ご利益は何?見どころについてお伝えしますね。 自然の中の …

東伏見稲荷神社アクセスバスの時刻表は?時間と御朱印も。

東伏見稲荷と言えば、あのたくさんの鳥居が印象的。 伏見稲荷を思い出しますよねぇ~。 それもそのはず、 「東京にも京都の伏見稲荷大神のご分霊を」と言う願いから、 京都伏見稲荷大社から分霊を授かったそうで …