エンジョイ・ライフ

毎日の生活をもっと楽しく♪知っていれば便利でお得な情報満載です。

神社・パワースポット

田無神社節分祭2019は何時から?予約が必要?

投稿日:2017-01-22 更新日:


田無神社2017.1 (15)開運神社としてテレビで放送されて以来大人気の田無神社。
初詣からとても混雑しています。
そんな田無神社の節分祭2019年について。
節分祭は何時から?予約はいるの?
等についてお伝えします。

スポンサーリンク

田無神社の節分祭2019年は何時から?

田無神社節分祭
節分と言えば、立春の前日。
春を迎えて、一年の無病息災、家内安全など願います。

そんな節分祭は2019年2月3日(日)

節分祭の祈祷は4回です。
① 午後1時
② 午後3時
③ 午後4時
④ 午後5時

ご祈祷の後約20分後に豆まきがあります。
なので豆まきは
① 午後1時20分
② 午後3時20分
③ 午後4時20分
④ 午後5時20分

となりますよ。

ご祈祷後に特別に設置された舞台から豆まきを行います。

豆まきに参加できる方は、
その年の干支の人、年男と年女だけだと思っていたのですが、
どなたでも参加できるんです!!
今年一年開運招福、厄難消除を願う方々(特に厄年の方)など
参加できるようですよ。

実は私、年女なんですよね・・・
今注目の田無神社の節分祭に参加しようかなと
考えています。

ここで私、かなり注目しているのが
「昇殿祈祷された人が豆巻きがおわったら、
国登録文化財ににて恵方巻を召し上がり
福をいただきます!!」

スポンサーリンク

って書いてあるんですよぉ~。
恵方巻もいただけちゃうの??
ますます、気になります。

田無神社節分祭のご祈祷は?豆まきの様子と混雑状況は?

田無神社の節分祭に予約は必要なの?

節分祭に参加するには、事前の予約は必要ありません。

ただし、各回の祈祷開始の20分前までに直接社務所に申し込みましょう。

・奉仕料  5000円~

・授与品  節分祈祷神札、お守り、絵馬、箸など

・直 会  豆まき終了後田無神社参集殿にて。

節分祭はこちらもおススメです♪
豊川稲荷東京別院ご利益は?金運と縁切り?アクセスは?節分祭も。
大國魂神社節分祭2019の時間と混雑状況は?見所も。
深大寺の節分のゲストは誰?豆まきの掛け声は福は内だけ?
大宮氷川神社の節分祭の豆まきの混雑状況と楽しみ方は?

まとめ

2月3日と言えば、大人気でただ今欠品している
「一楽萬葉の一番札」が再度販売開始する日です。
きっとこの日は、またまた混雑するでしようね。
今年は、豆まきをする方とて参加するのもいいかなぁ~と思っています。
参考までに♪
田無神社の一番札一楽満開札はいつ手に入る?予約方法と郵送してもらえるの?
田無神社はパワースポットご神木やお水取りなど見所を紹介!!
田無神社お守りの時間と値段は?特別なお守りがあるの?入手方法は?
田無神社アクセスと参拝時間は?ご利益と御朱印も。
田無神社方位除けのご祈祷の申し込みと祈祷料は?祈祷の様子も。

スポンサーリンク

-神社・パワースポット
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


関連記事

根津神社例大祭の時間と見所は?屋台の様子は?

根津神社一大イベント、例大祭。 山王祭、神田祭と並び江戸の三大祭といわわれています。 そんな歴史あふれる根津神社の例大祭の時間と見所は? 屋台の様子などもお伝えします。 スポンサーリンク

金桜神社のご利益とパワースポット見所は?

山梨県昇仙峡にある金桜(金櫻)神社。 サクラの時期以外でも、 紅葉の時期も、山の中の神社としてたっぷり楽しめそうです。 水晶発祥の地の金桜神社のご利益とアクセスは? バスの場合は、車での駐車場にも注意 …

東伏見稲荷神社アクセスバスの時刻表は?時間と御朱印も。

東伏見稲荷と言えば、あのたくさんの鳥居が印象的。 伏見稲荷を思い出しますよねぇ~。 それもそのはず、 「東京にも京都の伏見稲荷大神のご分霊を」と言う願いから、 京都伏見稲荷大社から分霊を授かったそうで …

お守り何個までなら身に着けていいの?決まりはある?取り扱いについて。

神社に参拝するたびに 購入してしまう、お守り。 自分用、家族用、友達にっと。 どんどん増えていくお守りですが、 体は一つ、普段使う物につけて持ち歩くっていっても 限界がある。 お守りは何個までなら身に …

熱田神宮こころの小径の入り口と体験記!神秘的なパワースポット!!

熱田神宮二度目の参拝。 前回は、熱田神宮一番のパワースポットと言われる こころの小道に参拝できず、 今回はリベンジです。 神聖な場所に足を踏み入れて、とっても感激。 こころの小径は知らないと入り口が分 …