エンジョイ・ライフ

毎日の生活をもっと楽しく♪知っていれば便利でお得な情報満載です。

子供

子供のキックスケーターの事故を防ぐには?

投稿日:

小さな子供たちに人気のキックスケーター
我が家でも保育園の時から愛用しています。

そのキックスケーターで事故も多発しています。
安全に乗るためにどうしたらいいのか?

スポンサーリンク

●キックスケーターって?

そもそも、キックスケーターってこんなやつです。

片足でこいで、スピードがでると両足をのせて楽しみます。
手ごろな値段で楽しめるのと、
コツを覚えれば小さなお子さんでも簡単に乗れます。

自転車とはまた違い、それは子供にとって楽しい乗り物です。

私も貸してもらいますが、
歩くより早いし、簡単だし、コツを覚えると結構楽しい。

でも、これってやはり乗るにはルールが必要ですよね。

 

●我が家のキックスケータールールは不十分?

我が家のルールは、
「道路にはでない。」
「勝手に家から持ち出して、親の知らないところで乗らない。」

キックスケーターは、公園などてコツを覚えるために練習します。

慣れてくると、大きな公園をグルグル回る。
結構なスピードでお友達と回ってきます。

キックスケーターは車輪が小さいので
ちょっとし障害物でも転んだりします。

その転び方もバランス感覚のある人ならうまいもんですが、
子供となると手足を擦りむくことなんて良くあります。

我が家ではあくまでも遊び道具。
長ズボンくらいはかせてましたが、
その他の対策をしていませんでした。

でも、これだけではダメなんですね?

●キックスケーターは軽車両だって知ってました?

キックスケーター協会というものがあり、調べてみるとキックスケーターは
国土交通省の定める道路運送車両法で軽車両となります。

スポンサーリンク

そう、軽車両なんです。
ということは、自転車と同じように路側帯を走れるって事なんですね。

ということは、道路に出て乗ってもいいよう、
講習も行っているようなのですが、あまり知られていない気もします。

「キックスケーターは各メーカーや機種毎に構造(開発設計意図や制動装置の有無等)が異なりますので
公道使用に関してはメーカー及び販売店に確認して下さい。」

という事もあるようなので、
自分の使用しているキックスケーターが、公道使用していいものなのか、
そのへんもわかっていないのではないかと思います。

●保護者が注意しなければいけないこと。

・正しい乗り方を練習しましょう
取扱説明書を見直して、再度確認しましょう。

 

・道路の使用は大変危険だという確認。
実際死亡にいたる事故が発生しているという事実。
軽車両といえども、道路の走行は避けることがベストです。

 

・ヘルメットやプロテクターを使用する。
万が一事を考えて、ヘルメットは必ず着用させましょう。
肘当て、膝当て、グローブなどの保護具も手足のけがの防止につながります。
また、サンダルでは使用せず、靴を 履いて使用しましょう。

●まとめ

自転車を乗る前の小さな子から使用できるキックスケーター。
お手頃で、どこでも持ち運べて楽しめるのが良いところですが、
保護者の見ていないところでの使用はあまりにも危険ですね。
我が家でも再度安全対策を見直そうと思います。

ヘルメットやプロテクターをしたとしても、
やはり、道路にでないのが一番です!

スポンサーリンク

-子供

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


関連記事

自由研究一日で簡単可愛い!!小学三年生作ったものとは?レポート紹介も。

我が家の小学3年生女子。 夏休み後半になったのに、なかなか宿題がはかどりません。 スポンサーリンク しかも、一番悩ましい自由研究が残っている・・・。 それでもお盆休み一日でできる簡単かわいい「デコ・う …

自由研究一日で簡単にできる小学2年女子作品とまとめ方♪

毎年夏の自由研究って、ママが悩みますよねぇ~。 どの程度親が手伝っていいのかも(笑) 苦肉の策で、我が家の娘が小学2年の夏休みに、 1日で作った自由研究をお伝えしますね。 工作系なので、好きな子はあっ …

小学生の肥満解消体験談のまとめ①~⑭番外編もあり

もともとぽっちゃりの娘の肥満が気になったのが小学三年生の夏。 そこから、我が家の小学生の肥満解消の独自の取り組みがはじまりました。 名付けて「小学生肥満解消プログラム」 2014年の夏から現在進行形の …

アタマジラミ感染はプールから?感染したらプールは禁止?感染予防できる?

冬になったアタマジラミの恐怖今も忘れられません。 暖かくなってくると、アタマジラミの感染も増えてくる季節です。 アタマジラミの感染はプールから? 感染したらプールは禁止? 感染予防ってできるの? スポ …

耳かき嫌がる子どもは綿棒でいいの?進んで自分で耳掃除するには?

  スポンサーリンク 子供が小さい頃の耳かき、大変でしたよね。。 嫌がらないように、痛くならないよう 血を出さないように、楽しく、優しく そんな気遣いをした後 今は、綿棒に落ち着いている我が …

運営者情報はこちら