エンジョイ・ライフ

毎日の生活をもっと楽しく♪知っていれば便利でお得な情報満載です。

暮らし

七五三喪中のお祝いいつする?写真だけなら良い?年賀状は?

投稿日:2015-08-29 更新日:

七五三ママのふたんのないおめでたい七五三ですが、
大好きだった祖母や祖父が亡くなった喪中です。
七五三のお祝いはどうしたらいいのだろう?
写真だけなら良い?
年賀状はどうしたらいの?など
喪中の七五三のお祝いについてお伝えします。

スポンサーリンク

七五三喪中のお祝いはいつしたらいいの?

七五三はは元気にここまで育ったというお祝いと感謝の儀式です。
みんなでお祝いしたいですよ。

かと言って「喪中」だと気になりますよね?

そもそも喪中と忌中によって違いがあります。

一般的には、

死後四十九日(神式では五十日)の忌明け(きあけ)までを「忌中(きちゅう)」、
死後一年間を「喪中(もちゅう)」

 

近親者の不幸の場合、忌中となる
四十九日(七七日)までは祝事(ハレの行事)は遠慮します。

 

忌明けを待って、お祝いすれば良いということになります。

七五三のお祝いは、10月~12月にお祝いする方か多いですが、
この期間が忌中にあたる場合は避けたほうがよいでね。

七五三は、神社仏閣ではそもそも年中、受け付けています。

海外赴任や帰国の関係から5月や8月などに行う方もいます。

スポンサーリンク

気になる方は、お参りするご予定のお宮さんに確認してみましょう。

 

喪中の写真撮影は問題ない?

七五三のお祝いは、忌中は控えるべきというのが一般的です。

なので、喪中であっても、忌中をさければ七五三の写真問題ありません。
お参りするわけではありませんからね。

 

しかし、今は七五三の写真は前撮りも多く、予約して撮影。
この期間が不幸にも忌中の期間と重なってしまった場合は?

これは悩みますね?

 

やはりご家族の気持ちとして「子供のお祝いをする気分になれない」と
思うのであれば、避けたほうがよいでしょう。

そうでない場合は、「写真撮影だけはする」というのが一般的です。

思い出に残る写真です。

ご家族で良く相談して、素敵な写真を残してください。

 

喪中の七五三の年賀状は?

七五三の写真撮影をして、翌年の年賀状に使うのか一般的。

もらう側としては、楽しみでもあります。

しかし、喪中にあたる場合は年賀状はもちろん出せません。

折角の写真も年賀状には使えません。

 

どうしても、七五三の写真を使ってハガキが出したい、
そんな場合は、寒中見舞いで七五三の写真を出すのはどうでしょう?

寒中見舞いでお子さんの写真入りにする方もいます。

そもそも写真入りのハガキを出すお相手は、親しい相手ですよね。
その方ならご理解いただけると思います。

 

まとめ

喪中の七五三のお祝いも難しく考えず、基本は忌中をさければ大丈夫。
家族&親族が納得した形で、思い出に残る七五三にしてくださいね。

スポンサーリンク

-暮らし
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


関連記事

実家の布団のダニでアレルギー?帰省のお土産に布団クリーナー♪

夏と冬の実家への帰省。 最近の恐怖は、実家の布団のダニでアレルギー症状がでないかって事。 田舎の実家は広いし、お客様用のお布団も充実している。 だけど、その布団ってちゃんとお手入れされてるの? 母に聞 …

喪中のお正月は鏡餅を飾るもの?おせちやお雑煮は食べてもいいの?

喪中のお正月の過ごし方ってどうすればいいの? スポンサーリンク 喪中のハガキは出したけど、 お正月飾りや鏡餅の飾りつけなど何処までしていいの? などについてお伝えします。 スポンサーリンク

確定申告の医療費控除は歯科のインプラントも対象?申請の仕方は?

歯の治療ってお金がかかりますよね。 セラミックにはじまり、ブリッジ、インプラントなど。 私は去年インプラントとセラミックをしました。 確定申告の医療費控除は歯科のインプラントも対象になる? 医療費控除 …

お財布風水の購入時期や使いはじめカラーの選び方で運気をアップ!!

風水では、運気アップするためにお財布大切なアイテム。 お財布風水で購入時期や使いはじめ、カラーの選び方で、 その運気が上がるなら、やらない手はないですね。 スポンサーリンク 今年の運気アップにぜひ取り …

アンダリゾート伊豆高原に誕生日に行ってきた♪子連れにも優しいホテル!!

口コミでも大人気のアンダリゾート伊豆高原。 小学四年生の誕生日旅行で行ってきました♪ 誕生日や記念日に利用する方も多いのは、 スタッフの皆さんが感じがよいだけではない、 たくさんの仕掛けがありましたぁ …