エンジョイ・ライフ

毎日の生活をもっと楽しく♪知っていれば便利でお得な情報満載です。

季節のイベント

お花見の服装寒いので対策を!フッションと持ち物等防寒対策あれこれ。

投稿日:2015-02-08 更新日:

桜400女子ですから、おしゃれは必須ですが、
お花見の雰囲気に会わないものはダメですよね。

お花見なのにヒールとか、白で汚れが目立ってしまうものなど、
周りの人が配慮しなければいけない服装はダメ。

しかも、お花見時期は結構寒い!!
というわけで、女子が気を付けるポイントまとめてみました。

スポンサーリンク

お花見の服装寒いので注意が必要!!ファッションと持ち物

・ファストファッションブランドでこの冬人気を博した薄軽ダウン

今年は流行りました薄軽ダウン。
ノーカラーのものは、インナーに便利です。
春物のコートの下でも、薄軽ダウンなら着膨れもなし、しかも温かい。
お花見の必需品になる日も近いかも。

 

・靴はスニーカー

靴は脱ぎやすいスニーカーがベスト。
砂埃などで汚れる場合もあります。
ソックスも厚手のものなら防寒にもなりますし、汚れてもきにならないかも。

 

・髪はまとめる。

シートを広げたり、カバンを開けたり閉めたり、
お弁当を食べたり、花を見上げたり、ふわふわの髪の毛は邪魔です。
防寒的にはまとめると寒いかも?なのですが、
首周りはスカーフなどでカバーしてすっきりかわいくまとめるのがベスト。

 

・ホッカイロ・ブランケット

スポンサーリンク

ホッカイロはもはや必需品。
背中やお腹に貼り付けたり、ポケットにしのばせたり、お友達にあげたり。
これは、なくてはなりません。
ブランケットも寒さ対策とクッション代わりにも使えるので必需品です。

 

 

お花見の服装会社帰りの女子の場合

会社に行く時から防寒を兼ねたカジュアルというわけにはいきませんね。

そこで、

・スカートならストッキングからタイツにチェンジ

・靴は、ヒールではなく、ウェッジソール的なもの

・軽量ダウンなど持ち歩きできてコンパクトなものをインナーとして用意。

・スカーフがあれば、首周りの寒さもしのげます。

寒さ対策をせず参加して、ちっとも楽しめなかった・・・とならないように注意しましょうね。

 

お花見の持ち物・敷物に配慮で防寒対策!!

お花見の持ち物で大切なのが敷物ですよね。

女性だけでなく、男性だってお尻が痛くなくて、
少しでも温かいほうがいい。

そんなアイディアをご紹介します!!

それは「レジャーシートの下に更に敷く」なのです。

例えば
・新聞紙
地面からの湿気を吸ってくれて気持ちよく過ごせます。
帰りは捨てられますしね。

 

・梱包用のプチプチや段ボール
クッション性と防寒になります。

 

・100円ショップで売っているような、タンスや押し入れ用の安いシート

下から冷気が上がってくるのを防いでくれます。
また、軽いしので、持ち運びに便利

また、レジャーシートの下ではありませんが、
携帯用のクッションがあると更に便利ですね。

 

まとめ

今年こそ、防寒対策をしっかりして桜を楽しんでくださいね。
ステキなお花見ができますように!!

スポンサーリンク

-季節のイベント
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2014年吉祥寺駅周辺イルミネーション情報♪見所は?

住みたいまちNO.1の吉祥寺は、 訪れるたびに、驚きや発見があって、1日いてもあきませんね。 スポンサーリンク そんな吉祥寺駅を訪れる人の楽しみの一つがイルミネーション。 誰よりも早く、2O14年吉祥 …

ハロウィン犬仮装の画像や動画は?楽天で人気の犬の衣装も紹介します!!

今やハロウィンは人間だけでなく、ペットも楽しむ時代。 今回は、犬がとってもキュートになる ハロウィン犬の衣装を紹介します! 飼い主の方と一緒に仮装するのもよし、 ワンちゃんの友達同士で仮装して集まるの …

武蔵野吉祥七福神めぐりはいつまで?おすすめルートは?

お正月に恒例の、七福神めぐり、武蔵野市でも開催されます。 スポンサーリンク 武蔵野吉祥七福神めぐりはいつからいつまで開催?時間は? おすすめの回る順番・ルートはあるの? スポンサーリンク

ひな祭りちらし寿司の具材と意味は?副菜とデザート何にする?

ひな祭りのお祝いには、ちらし寿司が欠かせません。 その具材の意味知ってます? また、ちらし寿司とあわせるおかず悩みますよね? ちらし寿司の副菜とデザート何にしよう?? スポンサーリンク

神社へ初詣のお賽銭はいくら?お賽銭の意味と作法は?

初詣に神社に行った時のお賽銭っていくらがいいの? 縁起の良い金額って? お賽銭の意味と作法とは? スポンサーリンク