エンジョイ・ライフ

毎日の生活をもっと楽しく♪知っていれば便利でお得な情報満載です。

暮らし

ミルクティーは紅茶とミルクどっちが先?その割合は?

投稿日:2014-11-22 更新日:

寒くなると温かいミルクティーが恋しくなります。
簡単に分けると、カップに紅茶を注ぎミルクを入れるイングリッシュスタイルか
お鍋で煮出すインディアンスタイルかに分かれます。

今回はイングリッシュミルクティーについて。
美味しいミルクティーは紅茶が先か牛乳が先か?
その順番と割合は?牛乳によって差もある?

スポンサーリンク

 

●ミルク(牛乳)が先で紅茶が後の理由は?その割合は?

ミルク(牛乳)を温めると臭みがでて、せっかくの紅茶の香りを台無しにしてしまいます。

紅茶とミルクですが、温めたカップに、ミルク(牛乳)を先に入れます。
その量は、カップ1/3程度(20~30CC)を目安にしてください。

ミルク(牛乳)を先に入れるのは、熱い紅茶に牛乳を入れてしまうと
たんぱく質が凝固しミルクティーに粘りが出てしまうからです。
牛乳を先に入れた方が、さっぱりとした美味しいミルクティーになります。

 

●ミルクティーには、どんな紅茶が適している?

・インドのアッサム、
・スリランカのウバ
・入りランスのディンブラ
・中国のキーマン
等といろいろいありますが、味とともに大切なのが色です。

スポンサーリンク

ダージリンのように香りありものでもミルクティーにはできます。
ただし、香りが楽しめなくなるのでもったいない。
それと、すこし色がうすいって事がミルクティーには向かないようです。

 

 

●ミルクティーにはどんなミルク(牛乳)が適しているの?

ここで話題にしているのはイングリッシュミルクティー。
なので、牛乳は低温殺菌のノンホモジナイズト牛乳を使用します。

 

【ノンホモジナイズド牛乳とは?】

販売されている多くの牛乳は、牛乳を製造する段階で直径1μ以下の大きさに調整している、

これを均等化(ホモジナイズ)と呼びます。
この操作により、脂肪球は安定化し、しかも消化されやすくなる。この操作を行わないで、
生乳に使い物を製品化したものが、ノンホモナイズト牛乳です。
牛乳を放置している間に表面に濃厚なクリーム層ができます。

【殺菌法による牛乳の分類】

①低温保持殺菌法  LTLT  加熱温度 62~65°時間 30分
②高温短時間殺菌法 HTST  加熱温度 72~75°時間 15秒
③超高温殺菌法   UHT  加熱温度120~140°時間 1~3秒

 

●まとめ

ミルクティーは奥が深い。使う茶葉とミルクの関係まで考えてるんですね。
ノンホモジナイズド牛乳は、ちょっと高級なスーパーで売っています。
探してみてくださいね。

スポンサーリンク

-暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master


関連記事

年賀状やめるタイミングと方法!挨拶って必要?

年賀状を整理していると、 年賀状だけのやりとりで、もうずいぶんお会いしていない方もいます。 前の職場の方だったり、習い事が一緒だった人など。 そんなもうそろそろ年賀状のやり取りもやめてもいいかなぁ・・ …

赤ちゃんの暑さ対策夜のエアコン温度設定は?普段の生活注意点は?

暑い日が続いてます。 赤ちゃんいるご家庭は、エアコンをどの程度使うのか?悩みますよね。 スポンサーリンク しかも、夜は大人も寝苦しいのだから、どうすればいいのか? 赤ちゃんがいる生活でエアコンを使うと …

酉の市の熊手の飾り方は?どこに飾る?処分はどうする?

今年の酉の市、一の酉にはじめて熊手を購入。 家にかえって飾ろうとおもったけど・・ 我が家のどこに飾ればいいんだろう?? 酉の市の熊手の正しい飾り方は?どこに飾る? 来年のために処分の仕方まで含めてお伝 …

土用の期間に土いじりはダメ?土用は夏だけはないってホント?

土用の丑の日が有名ですが、 土用は夏だけじゃないってご存知ですか? 土用は年に4回あるんです。 土用の期間はいつからいつまで? 土用の入りって? 土用の期間と過ごし方?土いじりはしちゃいけない理由とは …

特急かいじの指定席が取れない時過ごす場所は?子連れにおすすめの場所は?

新宿から甲府までの特急かいじ。 近場のレジャーとして人気の山梨にいくには利用する方も多いはず。 ちなみに私はレジャーではなく、 実家にかえる時に使用します。 が、お盆や連休など混雑時、 うっかり指定を …

プロフィール



始めまして、ほしみです。
ぽっちゃり娘の事や大好きな神社の事をお伝えしています。
毎日の中に小さな楽しみを見つけよう・・そんな40代主婦のブログです。

運営者情報はこちら