神社のお参りお賽銭のタイミングは?鈴はいつ鳴らす?

20161109_111601神社をお参りすることが多くなりましたが、
お賽銭のタイミングを悩むことがあります。
お賽銭をしてから、鈴を鳴らすのか?
鈴をならしてからお賽銭なのか?
あなたはどちらですか?

スポンサードリンク

神社のお参りでお賽銭のタイミングは?

そもそも、正式な参拝方法を確認してみましょう。

一般的には、

① 神前に進み姿勢をただす
② お賽銭
③ 鈴を鳴らす
④ 2回お辞儀
⑤ 2回手を打つ
⑥ 祈り
⑦ 1回お辞儀
と言われています。

ということは、お賽銭いれてから、
鈴を鳴らしニ礼二拍手一礼です。

ここで、いつも考えさせられるのが、
「お賽銭がいくらなのか」なのです。

所説ありまして、
大きくわけて、
「硬貨でお賽銭をするか?お札でするか?」
に分けられると思います。

私の事で言えば・・
5円がつけは、ご縁があるということで、
45円=始終ご縁があるということで、
45円をお賽銭にしていた時期が長かった。

その後、お札でお参りしたほうが、
神社との向き合い方や感謝も違うのではないかと、
ポチ袋に1000円札をいれて、お賽銭にした時期もありました。

ですが、知り合いの方から、
「神社でのお賽銭は神様に祈願にきたことを知らせる物ですので
音の出る硬貨を使うのが良いんだよ」

と言われて、ハッとしました。

お賽銭を音がでる硬貨にした場合は、
神社にある鈴と同じ意味なんだ!!と気づいたわけです。

スポンサードリンク

神社で鈴はいつ鳴らすの?お賽銭との関係は?

では、神社参拝での鈴の意味とは?

「神さまを拝礼するにあたり、
鈴のその清らかな音色で神さまをお招きし
これから祈願しますよっていう、
一種の合図のような役割を果たしてる」

らしいんです。

ということは、
前述した、お賽銭を硬貨で入れる場合と同じですよね?

ということは、
お賽銭が硬貨の場合は、
先にお賽銭をいれてから、
鈴を鳴らすといいう一般的な参拝の仕方でも、
一番先に「祈祷に来たことの合図」という意味では、
変わらないと思うんです。

ですが、
お賽銭をお札でする場合、
お賽銭を入れる時に音がでないではないですか?
ということは、先にお札のお賽銭をいれても、
「祈祷に来たという合図」にならないと思うんです。
その場合は、
鈴をならしてから、お賽銭を入れたほうが良いっと思うんです。

これは、あくまでも、私の解釈ですが、

お賽銭と鈴のタイミングは、
いろいろ調べてみるとどちらでもありのようです。

あえて、区別するとすれば、
私はお賽銭が硬貨なのか、紙幣なのかによって
順番に差をつけることができとる思い実践しています。


ちにみに、私は今はお賽銭は硬貨にしています。
なので、お賽銭をいれてから、鈴の順番です。

お賽銭を硬貨にしたのも、
鈴がない神社もあるからです。

加えて、神社には末社なども多く、
本殿だけでなく
たくさんのお賽銭を使うからです。

というわけで、すべての末社などをまわり、
じっくり参拝しています。

まとめ

今回は神社参拝時お賽銭と鈴のタイミングについて
一般的な参拝方法と、私が実践している方法を紹介しました。
神社の行為には一つづつ意味がありますが、
その意味を考えて参拝すると良いと思います。
参考になれば、うれしいです♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Website Protected by Spam Master


関連記事

鹿島神宮アクセスは都内からなら高速バスと電車でどっちが便利?日帰りも可能?
出雲大社東京六本木のアクセスは?参拝時間と参拝方法は?
ホ・オポノポノ言葉の順番には決まりがある?クリーニングツールその他は?
筑波山神社パワースポットと筑波山日帰り温泉に行ってきました!!
今戸神社縁結びの効果は?なで猫の待ち受けは?縁結び会って?
田無神社アクセスと参拝時間は?ご利益と御朱印帳も。
上野花園稲荷神社パワースポット行ってきました?縁結びに効果あり?アクセス情報も。
甲斐国一宮浅間神社に行ってきました!!見どころと御朱印は?
東京大神宮の縁結び恋おみくじが大吉の効果とは?お守りは?お参りのポイントも。
伊豆高原パワースポットの来宮神社って?見どころとアクセスは?
武田神社の御朱印とお水取りと三葉の松で勝負運以外にも金運アップ??
大國魂神社くらやみ祭りの混雑と見どころは?屋台は何時まで?
甲斐国一宮浅間神社山梨パワースポットのご利益とアクセスは?
浅草三社祭り祭りの日程と時間別見どころは?混雑状況は?
根津神社御朱印帳は三種類?末社も必要?アクセスは?

Menu

HOME

TOP