デング熱感染に注意!!蚊の活動温度と活動時期は?

 

上野公園でテング熱に感染した人がいると発表されました。

上野動物園や博物館がたくさんあるのに・・・
子どもを連れていくのを考えてしまいますね。

いつまでテング熱に注意すればいいの?

蚊はいつまで生き続けるのでしょうか?

スポンサードリンク

●テング熱に感染しないために注意する事

テングウィルスに感染した蚊にさされない事です。

①日中の木陰には注意が必要です。
日中刺されないように、肌の露出を控え、長そで・長ズボンにしましょう。
素足でのサンダルも注意ですよ。

 

②虫よけスプレーなどで、蚊を寄せ付けないようにしましょう。

 

③室内に蚊を入れないように注意しましょう。

 

④水たまりや、池など水のある場所に注意しましょう。

 

 

●蚊はいつまで生き続けるのでしょうか?

蚊の活動温度:22℃~27℃が繁殖適温

蚊の活動時期:4月下旬~11月中旬は蚊が活動する時期

蚊は気温15℃以上で人の血を吸うそうです。

スポンサードリンク

だとすると、涼しくなってきたからといっても15℃以下に
なるとしたら、11月以降でしょう。

しかも、蚊は1か月程度生きるといいます。

以上の点から、11月まで注意したいですね。

これから、雨が多い季節になると、また蚊が復活してきそうな気もします。
蚊が生きやすい環境ですもんね。
まだまだ、注意が必要です。

 

●安心して上野動物園に子どもと行けるのは12月かな?

10月は遠足も多く、上野動物園に行く子どもたちも多いはず。
動物園以外でも、博物館もありますよね。

10月はまだ気温も高く、蚊も生息する時期です。
しかも、上野は噴水や池など水回りも多い。

そして、台風時期でもあるので、なにかと蚊が生息しやすい時期なのです。

どうしても、上野動物園や博物館に行かなければいけないなら
注意が必要ですね。

・肌の露出を控える長袖・長ズボンを着用する。
・虫よけスプレーなど使う

そして、安心して上野動物園を楽しみたいなら、
気温が15℃以下になる12月以降に行くのがいいかもしれません。

我が家もそれまでは、上野動物園は我慢しようと思います。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す



Website Protected by Spam Master


関連記事

LDL-コレステロール数値が高い!下げるために食事で気を付けることは?
花粉症にハーブティのブレンドを症状別に紹介!飲んだら良いハーブティーって?
インプラント使い心地は?やって良かった?3年間のメンテナンスは?
インフルエンザの予防接種は1回でも効果あり?我が家の対処法は?
インフルエンザに点滴のラピアクタ!点滴の時間と効果は?子供と大人の違いは?
甘酒の作り方はヨーグルティアを使うのが良い?作り方と注意点は?
傷が治るオイルはバイオイル?バイオオイル?値段は?
みかんビタミンCその含有量は?一日何個までが良いの?効果的な摂取の仕方は?
熱中症頭痛は塩分不足が原因?頭痛対策とよい食べ物は?
インフルエンザの水分補給はポカリがいいの?アクエリアスやそれ以外の飲み物は?
二の腕のブツブツの原因は肥満?あかすりしていい?治療法は?【体験談】
不眠解消に漢方薬で出来ることは?
インフルエンザB型の症状は?インフルエンザB型とA型の違いと流行時期は?
花粉症の薬が効かないのは風邪?花粉症と風邪の違いは?薬は併用してもいい?
鉄分不足は太るもと?補給にはドライフルーツプルーンより優秀なのは?

Menu

HOME

TOP