デング熱感染に注意!!蚊の活動温度と活動時期は?

 

上野公園でテング熱に感染した人がいると発表されました。

上野動物園や博物館がたくさんあるのに・・・
子どもを連れていくのを考えてしまいますね。

いつまでテング熱に注意すればいいの?

蚊はいつまで生き続けるのでしょうか?

スポンサードリンク

●テング熱に感染しないために注意する事

テングウィルスに感染した蚊にさされない事です。

①日中の木陰には注意が必要です。
日中刺されないように、肌の露出を控え、長そで・長ズボンにしましょう。
素足でのサンダルも注意ですよ。

 

②虫よけスプレーなどで、蚊を寄せ付けないようにしましょう。

 

③室内に蚊を入れないように注意しましょう。

 

④水たまりや、池など水のある場所に注意しましょう。

 

 

●蚊はいつまで生き続けるのでしょうか?

蚊の活動温度:22℃~27℃が繁殖適温

蚊の活動時期:4月下旬~11月中旬は蚊が活動する時期

蚊は気温15℃以上で人の血を吸うそうです。

スポンサードリンク

だとすると、涼しくなってきたからといっても15℃以下に
なるとしたら、11月以降でしょう。

しかも、蚊は1か月程度生きるといいます。

以上の点から、11月まで注意したいですね。

これから、雨が多い季節になると、また蚊が復活してきそうな気もします。
蚊が生きやすい環境ですもんね。
まだまだ、注意が必要です。

 

●安心して上野動物園に子どもと行けるのは12月かな?

10月は遠足も多く、上野動物園に行く子どもたちも多いはず。
動物園以外でも、博物館もありますよね。

10月はまだ気温も高く、蚊も生息する時期です。
しかも、上野は噴水や池など水回りも多い。

そして、台風時期でもあるので、なにかと蚊が生息しやすい時期なのです。

どうしても、上野動物園や博物館に行かなければいけないなら
注意が必要ですね。

・肌の露出を控える長袖・長ズボンを着用する。
・虫よけスプレーなど使う

そして、安心して上野動物園を楽しみたいなら、
気温が15℃以下になる12月以降に行くのがいいかもしれません。

我が家もそれまでは、上野動物園は我慢しようと思います。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す



Website Protected by Spam Master


関連記事

チアシードすりつぶす必要はないの?一日に必要な量と効果的な食べ方
インフルエンザでタミフルを飲まないで治す方法はある?使える解熱剤は?
低ナトリウム血症の原因と症状は?熱中症水分補給の塩分は足りてる?
花粉症のメイクでアイシャドウやコンタクトはどうしてる?メイク崩れは?
ハイポトニック飲料作り方とアレンジは?市販のおすすめは?
インフルエンザ予防マスクの効果は?つけ方と注意点・準備する枚数は?
インフルエンザワクチンによる予防は型が合わないと効果がない?
傷が治るオイルはバイオイル?バイオオイル?値段は?
インフルエンザ予防対策で今からでも出来る事は?睡眠・湿度以外に必要な事は?
子供の足が臭い時は洗い方を見直して!重曹やミョウバン水も有効?靴の使い方も。
みかんビタミンCその含有量は?一日何個までが良いの?効果的な摂取の仕方は?
花粉症をアロマで緩和!アロマのブレントやスプレーの作り方は?
子供の乗り物酔い対策に湿布が使えるって知ってた?貼る場所紹介♪
ヤクルト400花粉症に効果あり?いつ飲むのが良いの?毎日?飲み忘れを防ぐには?
インフルエンザA型でイナビルの使い方と効果と副作用は?

Menu

HOME

TOP