酒粕パックの作り方は簡単ってホント?美白効果あり?保存方法は?

酒粕パック380何かと話題の酒粕パック。
美白が気になる時期ですので、
これは試すしかないね。
酒粕パックの作り方は簡単です!!
酒粕パックの効果は?
効果的な使い方と保存方法についてもご紹介します。

スポンサードリンク

酒粕パックの作り方は超簡単!!

では、一番簡単な酒粕パックの作り方をご紹介します。

【 材 料 】

酒 粕  : 30g(板粕は、15cm四方)1枚。
精製水  : 180g(又は、水)

 

【 作り方 】

1. 酒粕がこまかい粒々がなくなるようにすり鉢でする。
この時にミキサーやブレンダーなど使えば簡単です。

2. 水を加えてサラサラになったら完成。(水のかわりに日本酒でつくればより効果が高い)

3. 密閉容器にいれて一週間で使いきりましょう。

アルコールがお肌に合わない日とはレンジでチンして加熱して飛ばして使いましょう。

 

【酒粕パックのやり方 】

出来上がった酒粕パックを顔に塗って、10分~15分。

効果をあげたかったら塗った上からラップで覆えばいいですよ。

後は洗い流すだけです。

お風呂場ですれば、汚れることも心配いりません!!

酒粕パックの効果は?美白に良いってほんと?

酒蔵で働く蔵人さんの肌や手は、きれいで色白な人が多いと言われてますよね。
というわけで、美白に良いのは確からしい・・・
では、美白も含めて酒粕パックの効果は?

①美白に良い。

酒粕にはシミやくすみの原因となる成分を抑制する、リノール酸やアルブチン、酵母などの美白成分がたくさん含まれています


②保湿効果

酒粕の酵母には、保湿成分も含まれているので潤い効果あります。
かさつきが気になるところには、サランラップをして保湿パックするとよいですよ。


③お肌の老化を防ぐ

酒粕に含まれるコウジ酸が老化の原因である糖化を防ぎ、若々しい肌を保つ効果があるようです。

Q.酒粕パック美白や保湿などの効果はどのくらいで現れるの?
初日から肌が肌が明るくなった言いう方がおおい。
定期的に使い続けると、お肌のトーンが上がるらしい。

Q.パックの頻度は?
一週間に3回程度。気に入った方は毎日やっても良いようです。
材料は酒粕とお水ですからね、毎日しても肌には安心です。

スポンサードリンク

酒粕パックの保存は?使う分だけ?

先ほど紹介した量のパックは一週間以内で使い切りましょう。

気になる方は、毎回使う分だけを作りましょう。簡単ですからね。

逆に面倒な人は、大量に作って小分けにして冷凍しても大丈夫です。

まとめ

市販の美白化粧品にまけない効果を発揮してくれる酒粕パック。
なんといっても、リーズナブルですし、安心して使えるのが良いですね。

酒粕の匂いがダメな方は、エッセンシャルオイルを混ぜると良いですよ。

これからの時代は、
酒粕パックにしてもヨーグルトパックにしてもキッチンにある食材で出来ますね。
酒粕パックレンジやミキサーより簡単?酒粕おすすめは?やってみた感想は?
ヨーグルト緑茶パックが気になる方はこちら

酒粕パックが面倒な方は、これを試すのもいいかもです!!
お酒を造る過程で生まれる米ぬかや日本酒酵母、
日本酒、米糀など、酒蔵ならではの素材から得た特別なエキスを試せます。


スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す



Website Protected by Spam Master


関連記事

インプラント費用一本いくら?内訳は?分割払いもできる?年末調整も。
インプラントとブリッジどちらがいい?歯医者さん選びや費用や治療期間についても。
バイオイル顔への使い方は?ニベアと一緒に使うのもおススメ?髪には?
コラーゲンの髪の毛の効果って?伸びる?太くなるの?
ドライアプリコット効果的な選び方してる?無添加無漂白をチェック!!
40代ブラはワコールで決まり?ワコールマイナス5歳ブラ使ってみました♪
ブルームでエンダモロジーを体験!むくみ解消?痛みは?料金は?
賞味期限切れヨーグルト使い道は?ヨーグルトパックの効果とやり方は?
リンパドレナージュは痛くない?効果と施術の感想は?
ワコールナイトブラのサイズ選びと付け方は?口コミは?最安値で手に入れよう♪
髪の毛縮れ毛が増えた原因はストレス?治す方法は?縮毛矯正は?
顔にイボは老化が原因!!目元のイボがぽろっと取れた方法とおすすめ商品は?
エプソムソルトアロマオイルを使ったボディスクラブを作り方は?
甘酒を調味料として使うメリットとは?手作りは炊飯器におまかせ♪
インプラントは怖い?一生持つの?お手入れの方法は?

Menu

HOME

TOP