静電気を衣類の組み合わせで防ぐコツとは?

ビチビチ、バチバチ本当に静電気って嫌ですね。

空気の乾燥するこの季節、
静電気を起こしやすい衣類の組み合わせにも気を付けましょう。

静電気を衣類の組み合わせで防ぐコツは?
手作り静電気防止スプレーって?

スポンサードリンク

●【注意】静電気がおこりやすい衣類の組み合わせとは?

衣類の繊維にはプラスを帯びやすいものとマイナスを帯びやすいものがあります。

プラスに帯電しやすい素材とマイナスに帯電しやすい衣類を組み合わせると静電気が発生しやすくなります。

 

【静電気が衣類の組み合わせ】

①ナイロン(プラス)とアクリル(マイナス)

ナイロンは、ウインドブレーカー、スキーウェアなど冬用のスポーツウエアなどの衣類に用いられていますね。
この下にアクリルのセーターを着たら、バチバチときます。

 

②ウール(プラス)とポリエステル(マイナス)

冬に多い組み合わせのウールのニットと
ポリエステルのフリースの組み合わせは最悪ですね。

 

●静電気を起こさない衣類の組み合わせは?

静電気を起こさない衣類の組み合わせは、
天然繊維100%の綿、絹、麻、羊毛などのものを着る事ですが、
それだけ来ているわけにもいきません。

 

冬場温かいウールやフリース、風をよけるナイロンも必ず着る日がきます。
そんな時の静電気を起こさない組み合わせは?

綿を利用します。

スポンサードリンク

綿は帯電しにくい素材なので、違った素材の組み合わせをする場合、
綿を取り入れれば静電気は起こりにくくなります。

また帯電しやすい素材でも、同じ素材同士を組み合わせれば静電気は起こりにくくなります。

どういう事かというと、ポリエステル同士を組み合わせるとか、
ウール同士を組み合わせるという事です。

 

●静電気を衣類から防ぐための「手作り静電気防止スプレー」

衣類の静電気防止スプレーは、市販されているものもありますが、
簡単に手作りできます。

 

「手作り静電気防止スプレー」
 材料
 100均の化粧品コーナーで売っているスプレーボトル
 リンスを1~3滴。
 作り方
 スプレーボトルの中に水をいれ、リンスをいれて良く振ります。

だったこれだけ。

衣服にも使えますし、リンスなので長い髪の毛の静電気防止にもなります。
子供の細い髪の毛も良く静電気がおきてますので、使えますよ。
軽く吹き付けてブラッシングです。

リンスだけでなく、柔軟剤でもできますが、髪に使うことを考えるとリンスがおすすめです。

 

●まとめ

静電気のあの嫌なバチバチを予防するために衣類の組み合わせでできる一工夫。
毎日のコーディネートの時に考えてみてくださいね。

あとは、手作り静電気防止スプレーもお忘れなく!!

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す



Website Protected by Spam Master


関連記事

だるまの目入れは右と左どっちから?だるまを置く場所にきまりはあるの?
【簡単○○の素】即席お味噌汁の素
七五三の写真は別の日?いつがいい?神社参拝はどこにいつまで?
酉の市2015年はいつ?熊手の値段と購入のポイントと飾り方は?
子供の絵を飾るおススメフレームは?賃貸壁に傷をつけずに飾るには?
厄年で女性の大厄33歳の過ごし方でやってはいけない事がある?
noimage
【ママ必見】都内の公園でもセアカゴケグモに注意が必要?
引っ越しでぬいぐるみの処分どうする?供養はどこに出す?方法は?
御朱印帳作るのはワークショップ?それとも御朱印帳キット?手作りにチャレンジしてみよう。
炊飯器内がま剥がれで買い換えました!価格と色の妥協点は?処分はどうする?
noimage
ミドル脂臭は加齢臭とは違う?食事や運動何に気を付けたらいいの?
喪中のお正月は鏡餅を飾るもの?おせちやお雑煮は食べてもいいの?
ゴーヤの天日干しの作り方?保存に最適!!栄養価が増す?レシピは?

Menu

HOME

TOP