月見は十五夜と十三夜の両方を観る?十五夜と中秋の名月の違いは?

月見十五夜十三夜

秋は食欲のだけではありません。
美しい十五夜と十三夜の両方の月を観ましょう!!
十五夜と中秋の名月の違いって知ってました?
中秋と仲秋の違いは?

スポンサードリンク

月見は十五夜と十三夜の両方を観る?

十五夜だけではなく十三夜も大切なお月見行事です。

十五夜は旧暦の8月15日のお月見のこと。
今年2015年の十五夜は、9月27日(日)です。
毎年9月中旬~10月上旬の間に旧暦の8月15日がやってきます。

 

秋の収穫に感謝するお祭りでもあり、
この時期収穫される里芋などの芋類をお供えするので「芋名月」ともいいます。

 

十三夜とは旧暦9月13日のお月見のことで、
旧暦8月15日の十五夜の後に巡ってくる十三夜(月齢13日目)をさします。
今年2015年の十三夜は、10月25日(日)です。
十三夜は、この時期に収穫される栗や枝豆を供えることから

「栗名月(くりめいげつ)」や「豆名月(まめめいげつ)」とも言われます。

スポンサードリンク

 

十五夜または十三夜のどちらか一方しか観ないことを
「片見月」と呼び、縁起が悪いと言われています!!


これは、十三夜は十五夜に次いで美しい月だと言われているためなんです。
この美しい月をみないなんて、もったいない!!そういう事ですよね。

 

十五夜と中秋の名月の違いは?

十五夜には本来二つ意味があります。

①陰暦15日の夜。満月の夜というのがひとつです。

②もうひとつは旧暦8月15日を十五夜といいます。
 旧暦8月15日の月を中秋の名月といいますが、
必ずしも満月ではありません。

 

では、中秋の名月とは?

秋の丁度真ん中の日「旧暦8月15日に見える月」の事。

ちなみに、 「仲秋」と書くと旧暦の秋の真ん中の時期をさします。
昔は、旧暦7・8・9月(現在の暦の8・9・10月頃)を「秋」としていました。
・7月を孟秋(孟は「はじめ」の意味)
・8月を仲秋
・9月を季秋(季は「末」のこと)と呼んでいました。

「旧暦8月」を表すときには、「仲秋」と「仲」の文字を使います。

 

まとめ

秋の月だけに込められた言い方と意味があって、
あらためて「なるほど!!」って思いますよねぇ~。
昔の人の風流さを少しでも感じつつ、今年はお月見したいと思います♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す



Website Protected by Spam Master


関連記事

節分に神社に行くのに東京でおすすめは神田明神!!
桜の写真の撮影方法やコツを知って、撮影時間や構図まで考えよう!!
湯島天神の梅の見ごろはいつ?梅まつり夜観梅ライトアップも楽しもう。
節分の恵方巻の方位の決め方は?2017年の恵方は?正確に方位をとる方法は?
節分の豆でアレンジレシピ!子供の大好きな節分豆活用レシピです♪
小学生先生への年賀状の宛名は?メッセージはどうする?
高尾山の火渡りの混雑状況は?2017年は一般参加者として体験しよう!!
バレンタイン褒美チョコはリンツショコラカフェで過ごしてみては?
根津神社つつじ祭りの見頃とパワースポットご利益と見所は?ランチおすすめも?
山梨ワイン祭り2016を日比谷公園で♪開催情報と楽しみ方は?
昭和記念公園の紅葉2014見頃の時期に行ってきました♪おススメスポットは?
節分の福豆の由来は?豆を炒るの理由知ってる?福豆の作り方と福茶は?
筑波山の紅葉の見頃と見どころは?ライトアップもあり?
初詣の神社といえば受験生はここへ参拝!パワースポットも含む東京編
ぶどう狩り山梨甲府の愛宕園に行ってきた!おいしいぶどうの選び方とお取り寄せ方法も。

Menu

HOME

TOP