小学生朝が起きれない?ぐずぐずしない起こし方は?

小学生の朝・・起こすのが大変ではないですか?

我が家の娘もまだまだなかなか一人では起きれずに手を焼きます。

起きれないままだと、ぐずくずしているうちに遅刻してしまいますし、
そんなこんなしているうちに子供はお腹が痛い・・・
等と言って、行きたくくない理由をあげてきたりすのです。
それが、ホントかウソか?悩むことも(笑)

そんな生活にはさよならです。
朝起きられない小学生らぐずくずしない起こし方、
我が家で取り組んでいること紹介します。

スポンサードリンク

●小学生の朝の起こし方!!

①ラジオを流す。

ラジオを聴きながら徐々に起きらられるようにします。

毎日同じラジオを聴いていると、
このコーナーが始まると何時ごろ?という感覚が自分でつかんめる。
そして「7時にはおなじみのピピピピーという音」で時刻が認識できます。
(ちなみに、我が家の娘は最悪7時におきないと間に合いません。)

 

しかも、テレビ違って、画面に見入って手足がストップすることもない。
何よりよいのは、耳から入る情報って頭に残るようで、
ニュースなどで知らない言葉があると「●●って何のこと?」と聞いてくる。

ラジオ生活、ものすごく良いです。
個人的にすっごくおすすめ。

 

②徐々にカーテンをあけて、空気の交換もする。

目覚ましがなる前から、カーテンをあけて、空気を入れ替えます。
親がカーテンをあけるために動き始めると、
寝ている子供も気配に気づいてきます。

お部屋も明るく、風がはいりますので、徐々の覚醒していきます。

 


③言葉かけは優しく。

「朝だよぉ」と優しい口調で起こします。

スポンサードリンク

ホントはなかなか起きない子供にイライラしていたとしても、やさしい口調で。
朝からイライラして叱るなどするとお互いに良いことは一つもありません。

時には「●●●が御飯だよぉ~食べる人?!」等、
好きなものや昨晩我慢させたお菓子の名前などをいって
誘ったりします(笑)

 

 

④朝一番水を飲ませる。

目覚めをすっきりさせるためにもですが、
腸を動かして活動させるのが良いようです。
大人もそうですよね。
すっきりさせて、食欲を促す。

特に、学校に行く前に、トイレ(大きな方ね)を済ませておけば安心です。

学校に行きたくないと、すぐに「お腹痛い」などこともありましたが、
それもあまり言わないようになります。

朝食べてちゃんと出すが習慣になるといいですよね。

 

 

⑤わざと遅刻させる手もあります!!

なかなか起きられないようなら、あえて遅刻させる。
遅刻してしまえば、叱られるのは自分ですし、困るのも自分。
先生に注意され、お友達にも理由をきかれたり、
からかわれたり、嫌な事がたくさんあります。

それをわざと体験させて、
「二度と遅刻したくない」そう思わせる事も時には大切です。

忘れ物の話にも共通しますが、
必要なものを忘れた時、こまった事があれば、
必ず前日に荷物の準備をしてきます。

そんな体験が成長させるはずです。

 

●まとめ

いろんな手を試しながら、子供と一緒に考えることはもっと大切になりますよ。

何のために学校に行くのか?
時間通り行動する意味は?など
親子の会話の中で、答えはを導いていくとよいのではないでしょうか?

もう少しです、頑張って早起き習慣つけていきましょう。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す



Website Protected by Spam Master


関連記事

マスキングテープと木工作品との組み合わせ♪
小学生肥満解消恐怖の夏休みお弁当とおやつはどうする?【体験談⑪】
風船人形作り方は?中身は小麦粉?一日で出来る自由研究にも。
小学校入学祝い友達の子供にどうする?相場は?名前入り鉛筆はどう?
1歳断乳後は寝ない?寝かしつけで大泣き?断乳前の言い聞かせも必要?
マザー牧場ひつじの大行進の時間と楽しみ方♪お休みはいつ?
夏休みの日帰りイベント!熊野皇大神社と旧碓氷峠見晴台の行き方は?
クロール泳ぎ方小学生が3日でマスター・顔と位置と息継ぎの仕方と手の動きは?
マザー牧場日帰りツアー電車で行ってきました♪電車の時間とグリーン車は?
中学生身長伸ばす方法は?食事や睡眠以外に必要な事って?亜鉛も必要?
2歳児寝ないでイライラがつのる!!ママのストレス解消法とは?
2歳児イヤイヤはいつまで?どう対応するのが良いの?
ピーマン嫌い克服レシピは?嫌いな原因これで克服?【小学生体験談】
自由研究一日で簡単可愛い!!小学三年生作ったものとは?レポート紹介も。
小学生肥満解消で身長がぐんと伸びた!!身長を伸ばす食事とは?【体験談⑫】

Menu

HOME

TOP