お正月のおせちを食べてもダイエットは出来る?!

クリスマスからお正月、美味しいものがたくさんですね。
季節のイベントを楽しむならば、お料理も我慢したらもったいない。

お正月のおせちを食べてもダイエットはあきらめない!!
カロリーや塩分の高いおせちの中で何を注意すればいい?
ダイエット中の方は、要チェックです。

スポンサードリンク

●お正月のおせちの中でカロリーが高めのものは?

おせちでカロリー高いものは?(1人前の表示です)
・ 煮しめ 1人前         約310Kcal
・ ぶり照焼き 1人前       約210Kcal
・ 栗きんとん 栗2粒分(約80g)約170kcal
・ 牛肉ごぼう巻き 1人前     約150Kcal
・ 伊達巻 1切れ          約60Kcal
・ 黒豆 1人前(約20g)     約55kcal

 

●お正月のおせちの中で塩分が高いものは?

おせちの中で塩分の高いものは何?(1人前の表示です)
・ 昆布巻き、魚入り1切れ  約40kcal。塩分0.5~0.8g
・ ハム1枚約40kcal、かまぼこ1枚約15kcal 塩分0.3~0.5g
・ 出し巻き(市販)1切れ約50kcal、伊達巻(すり身入り)約60kcal、塩分0.2~0.3g
・ 数の子1本約30kcal、塩分1.5g

スポンサードリンク

 

●お正月おせちは結局何をどうたべたらいいの?

おせちは、基本的にカロリーが高く、塩分も高いです。
比較的カロリーが少な目で塩分も少なめなのが「なます」ですね。
数の子もカロリーは少ないけど、塩分が高い。

カロリー高いものは、量を控えめにして、
塩分少なめなものは、出来るだけ手作りして、
塩分ではなくて、ダシをきかせていきましょう。

<<おせちもだけど、注意したい食べ物>>
 味付けの濃いものは、お酒ものすすみます。
 お正月だからこそ、アルコールを控えることも大切です。
 定番のおもちものお雑煮も、おもち自体がカロリー高めです。
 「小さなお椀でおもちはひとつだけ」というふうに決めて食べましょう。

 

●まとめ

おせちは、カロリー高めで塩分高めものが多い。
そして、野菜が少ないんです。
なので、おせちをたべてもいいのですが、量は少なく、
ダシをきかせた塩分少なめなもの。
そして、合わせて野菜をとる努力をしましょうね。
すてきな、お正月になりますように。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す



Website Protected by Spam Master


関連記事

武蔵野吉祥七福神めぐりはいつまで?おすすめルートは?
神代植物公園の紅葉の見頃はいつ?おすすめスポットは?
成人式のお礼は手紙で!例文は?お礼のハガキとメールは?
クリスマスのホットワインは赤ワインとクローブとオレンジで!!
神社へ初詣のお賽銭はいくら?お賽銭の意味と作法は?
喪中の初詣は神社に行けないの?喪中と忌中の違いは?お札やお守りはどうする?
初詣の神社といえば受験生はここへ参拝!パワースポットも含む東京編
父の日のプレゼントに財布を選ぶなら?ブランドは?1万円なら?
筑波山神社パワースポットと筑波山日帰り温泉に行ってきました!!
お花見の服装寒いので対策を!フッションと持ち物等防寒対策あれこれ。
勝沼ぶどうの丘のアクセスと天空の湯は?紅葉を楽しもう♪
保育園卒業でお礼の品は何がいい?先生方が本当にうれしかったものとは?
昭和記念公園2017のプールの持ち物は?営業期間とアクセスは?
高尾山の火渡りの混雑前に登山する時間はある?高尾山登山は何時から何時まで?
神田祭り2017年の日程と見どころと神幸祭と神輿宮入って?

Menu

HOME

TOP